「リップ」と「口紅」の違い知ってる?意外と知らない正しい使い方とは

[記事公開日]2020.6.04

「リップ」「口紅」「グロス」など、唇に使うアイテムにはたくさんのものがありますが、これらの違い、知っていますか?今回はそんな唇アイテムの中でも「リップ」と「口紅」の違い、そして正しい使い方についてまとめました♪

「リップ」と「口紅」の違いって?

「リップ」は「リップクリーム」そして唇に使う化粧品すべてのことを指します。「口紅」は唇に濃い色を付けてくれる化粧品のこと。つまり口紅はリップに含まれるんです。こんな風にリップはいろいろなものを含めて表されているものなんですね!「リップクリーム」は和製英語で正しくは「リップバーム」、日本でしか伝わらない言葉なので注意してくださいね♪

「リップ」の正しい使い方はこれ!

リップを塗る際は、まず唇に付いた汚れをふき取りましょう。リップクリームを温めたら、縦じわに沿って塗っていきます。横に伸ばしていても、しわの間にリップクリームが浸透していかず、乾燥は改善されません!しわにすりこむように塗ってみてくださいね♡

「口紅」の正しい使い方はこれ!

口紅を塗るとき、直塗りすることはありますか?もちろん直に塗っても問題はありませんが、ブラシを使って縁取りをしてから乗せることで立体的な仕上がりに代わります♡しっかりとなじませたいときには、指を使って塗っていくようにしましょう。余分な口紅はティッシュで押さえてあげると◎乾燥気味の唇はしっかりと保湿してから重ねましょう♪

口紅の色をしっかり出したいときはコンシーラーを使って♡

口紅の色がしっかり出てくれない…。そんなお悩み、実は唇本来の色が口紅の邪魔をしているかも。口紅の色をしっかり大体ときは、リップコンシーラー、もしくは普通のコンシーラーを乗せて、唇の色を消しましょう。そうすることできれいに発色してくれます♡コンシーラーがない!という方はファンデーションなどでも大丈夫ですよ♪

「リップ」も「口紅」もこれで大丈夫♡

分かりそうで分からない「リップ」と「口紅」の違い。リップは口紅を含めてリップということが分かりましたね♪リップや口紅を使った口元メイク。そんな口元メイクは使い方しだいで見え方が全然違います。正しく使っておしゃれに仕上げましょ♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事