親友

深い友情だから起こる。思わずうなずきたくなる親友あるある

[記事公開日]2020.6.02
[最終更新日]2020.12.18

彼氏ができても社会人になっても、ずっと変わらない存在でいてくれる親友。深く付き合ってきた2人だからこそ起きる、親友あるあるをご紹介!「私達だけじゃなかったの?」と思うような現象を、みんなも経験しているかも!

いつ会っても同じテンション

毎週のように会っていても、お互い仕事が忙しくて数か月ぶりに会ったとしても、昨日も一緒に過ごしていたかようなテンションで、普通に会話に入れるのも親友だからこそ。変にかしこまったりすることなく、いつも同じテンションで淡々と近況報告したり、グチを言い合ったり。毎日一緒にいなくても、1番近くにいる心強い存在の親友だからこそ、久しぶりに会っても素の自分でいられるんですよね。

無言でも気にならない

一緒にいるのにお互い無言で過ごす時間が長いのも、親友あるあるではないでしょうか。知り合いや友達なら、話題をふったり話を盛り上げたり気を使ってしまいますが、親友ならそんなことをしなくても大丈夫!シーンとしていても気にならないし、むしろ落ち着く。という声も多く聞かれます。親友歴が長いと、無言でも会話が成り立つことも。ここまでくるとすごい!

気づいたら双子コーデ?!

約束したわけでもないのに、待ち合わせ場所に行くと「服がかぶってる!」これも親友あるある。親友になるくらい仲がいいと、趣味や好きなものも一緒という場合が多いですよね。洋服のテイストも似ていたり、一緒に買い物へ行ったら同じアイテムを購入することも。色違いのワンピースを着ていたり、配色が同じだったり、お互いの服装を見てびっくり!予想外の出来事に、ちょっぴり照れちゃうあるあるです。

2人だけの笑いのツボがある

たくさんの時間を共有してきた親友だからこそ、2人にしか分からない笑いのツボもありますよね。忘れたい過去の失敗や黒歴史など、昔からの親友だったらなおさら、2人だけの笑いのツボも多いはず。周りの人には絶対話せないことや、ほかの友達ならひかれてしまう話も、親友となら笑って話せるんです。

親友あるあるどのくらい当てはまる?

みんなが経験したことのある、親友あるあるを紹介してきました。「私も経験したことある!」そんな現象はいくつ当てはまりましたか?親友と一緒に検証してみて♡

参考:「親友と呼べる条件10個|一生の親友になれる人の特徴や傾向

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事