スイーツ囲んでキャピキャピは嘘!?真の「女子会あるある」とは

[記事公開日]2020.6.02

女子会といえば、おしゃれなお店でスイーツを囲んで…なんてイメージがあるもの。しかし、実際の女子会はおじさん感まんさいのの飲み会なんてこともあるんです。今回はそんな女子会だからこその「あるある」をまとめましたよ♡

(1)居酒屋でもとりあえずインスタ映え

インスタグラムに載せているそのストーリー、おしゃれなお店の写真だと思っていませんか?女子会の会場は居酒屋なんてこともあるんですよ。しかし、男子には居酒屋でおつまみを食べながら飲んでいるなんてイメージを持ってほしくない!と最初の一杯はおしゃれにとることに必死になっています。カクテルをドアップでおしゃれに載せているときの会場は居酒屋かも。

(2)恋バナは1人ずつ徹底的に聞き取り

女子会のトークといえば恋バナ。そこまでは想像できますよね。しかし、本当の恋バナは容赦なし。隠しごとなんてひとつもできないほど徹底的に聞き取りされます。ただし、聞いて終わりではありませんよ。恋バナは同じ女子だからこそ理解しあえることも多いので、ダメ男などはバサッと切ってくれる。それが女子会のありがたいところです。

(3)女子ならではのお悩みで盛り上がる

女子会では普段なかなか相談できない女子ならではのお悩みトークも必須項目。最近のムダ毛事情やメイクについては長時間の爆弾トークがはじまります。とくにムダ毛については情報交換をしておきたい女子。ほかの女子がどんなお手入れをしているか聞くだけでもかなり参考になりますよね。自分磨きに余念がない女子ならではのトーク。

(4)お店を出てから解散までがすごく長い

今日の女子会も終わり。女子会はそこからが長いんです。ササっと帰っていきそうなイメージがありますが、お店を出てから写真を撮ったり、またくだらない話が始まったりと、なかなか帰れません。楽しい時間を終わらせたくないという気持ちの表れなのか、単に言い出せないのかは…ご想像にお任せします。

女子会あるある、当てはまった?

今回は4つの女子会あるあるをご紹介しました。女子は気を許した相手にはなんでも共有したくなる生き物。女子会は唯一の息抜き、なんて方も多いですよね。男子は禁制の爆弾トークで日頃のストレスを解消しましょ♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

一人暮らしの女性あるある4選《家事編》共感せずにいられない行動とは

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事