外国人とアジア人の対話

ソレ実は失礼なんです!外国人に対する《NGマナー》まとめ

[記事公開日]2020.6.01

国によって文化が違うのは当然のこと。日本では当たり前のことでも、外国人にとっては失礼かも…?!知らずに相手に嫌な思いをさせたくはないですよね。そこで、外国人にしてはいけないNGマナーをまとめてみました!

NGマナー(1)【麺類やスープをすする】

ラーメンや蕎麦などの日本の文化である麺類に関しては、今日では日本の文化を知っている外国人も多いので問題はありません。海外旅行に行った場合では、不快に感じる方もいらっしゃるとは思います。気をつけて欲しいのが、スパゲッティーやスープをすすって食べることです。外国人にとってとても行儀の悪いNGマナーになります。外国発祥の料理は特に気をつけるようにしましょう。

NGマナー(2)【レストランで大きい声でお喋り】

日本人にとっては場所が居酒屋でも、カフェやレストランでもマナーの違いにあまり差はないと思います。ですが、外国人にとってお酒提供のない席ではわいわい騒がないのがマナーです。日本にいる限りはどちらかと言えば外国人の方が日本のスタイルに合わせていると思いますが、知っておいたほうがいいマナーですね。

NGマナー(3)【ぶつかったときに謝らない】

日本でも思いっきり人にぶつかって誤っているシーンを見かけることはありますが、少し当たったくらいではお互いにスルーすることも多いと思います。ですが、海外ではぶつかったら手短にでも必ず謝る文化なので、外国人にそれをしてしまうととても失礼に当たってしまいます。海外では日本よりとても広い土地なので、ぶつかった人ともう一度すれ違う機会がないかもしれないということから生まれた文化です。

NGマナー(4)【電車などで席を譲らない】

これは日本の文化でも、できる人が大半であって欲しいことですが、残念ながらそうではない現状があります。お年寄りや妊婦さん、体が不自由であったり不調の人がいれば、優先席をスッと譲るのがベストですね。日本人では見て見ぬ振りする方も多いですが、外国人にとっては当たり前のことなので、席を譲らない日本人を見てビックリすることがよくあるみたいです。

マナーを知ってお互い気持ちよく過ごそう♪

SNSの発達によって異文化交流がとても容易になり、日本国内でも外国人の方を見かけることも多くなりました!職場や学校、お友達として出会うことがあるかもしれません。そんなときのために、マナーのポイントだけでも知っておきましょう♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

思わずやってるかも…オンラインMTGのNGマナー4選!円滑に仕事を進めるコツって?

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事