タイミングは?何で洗う?《メイクブラシ》の正しい洗い方・乾かし方

メイクをきれいに仕上げるために欠かせない「メイクブラシ」、きちんと洗っていますか?メイクブラシを洗わずに使っていると、メイクノリが悪くなっていくだけでなく、肌荒れの原因にも…。メイクブラシの正しい洗い方を実践して、清潔な状態を保ちましょう!

意外と知らない正しい「メイクブラシの洗い方」

メイクブラシを洗っている写真

日々のメイクにブラシを使う派さんは、メイクブラシのお手入れどうしていますか?意外と何もせずにそのまま使い続けてしまっている人も多いんじゃないでしょうか。

 

メイクブラシって直接肌に触れるから皮脂もついているし、ファンデやチークだってついている…。それがずっと蓄積されている…。え、言葉にするとめちゃくちゃ汚くないですか?これを何もせずに使ってるなんて恐怖すぎる!今回は正しいメイクブラシのお手入れ方法をご紹介します。

 

 

 

メイクブラシを洗わないと肌荒れの原因に!?

ブラシでメイクをしている写真

少し最初に説明してしまいましたが、パウダーやチーク、ファンデーションなど、ブラシの毛先にたまった状態でそのまま使い続けると、肌に施したメイクや雑菌と混ざって不衛生になり、逆にニキビや肌荒れの原因になってしまうこともあるんです。もしかしたら、今肌荒れに悩んでいる原因がメイクブラシということもなくはないのかも?

 

 

洗うタイミングは?

まず見直したいのがメイクブラシを洗うタイミングです。コスメブランドの方に聞いたところ、筆先の色が変わってきたり、汚れが気になったタイミングでいいようです。大体3〜4週間単位を目安に洗いましょう。

 

 

 

メイクブラシの正しい洗い方

それでは、メイクブラシの正しい洗い方をレクチャーしていきたいと思います。

 

 

用意するもの

ぬるま湯とアタックの写真

・ぬるま湯
・中性洗剤
・容器

 

用意するものはこの3つです。容器にぬるま湯と中性洗剤を入れて準備完了!中性洗剤の量ははじめは気持ち少なめで大さじ1杯くらいを入れて、汚れの落ち加減を見ながら調節してみてください。

 

 

①付け根に浸らないようにかき混ぜながら洗う

メイクブラシを洗っている写真

ぬるま湯と中性洗剤を入れた容器に、洗いたいメイクブラシを入れてかき混ぜてください。この時注意して欲しいのが、ブラシの付け根が浸らないようにすることです。

 

ぬるま湯の比較写真(左)メイクブラシを洗う前 (右)メイクブラシを洗う前

少しかき混ぜただけで、濁りがこんなに出ました!色が変わらなくなるまで、ぬるま湯を変えながらメイクブラシをかき混ぜて汚れを落としていってください。

 

 

ブラシを絞る

メイクブラシを絞っている写真

十分に汚れが落ちたと思ったら、ブラシを取り出してやさしく絞ってあげてください。

 

 

③乾いたタオルで水気を拭き取る

メイクブラシを拭いている写真

さらに乾いたタオルで、そっと水気を拭き取ってあげるのが◎

 

 

④筆先を整えて陰干しする

メイクブラシを整えている写真

そしてあとは乾かすだけ!筆先が散らばらないように整えてから、直射日光の当たらない場所で掛け干ししてあげてください。

 

 

⑤完成!

メイクブラシを洗い終わった写真

きれいに乾いてくれました!なんだか筆先も柔らかく復活したかのような触りごごちです。

 

 

 

メイクブラシをきれいに保つための乾かし方

メイクブラシを乾かしている写真

洗った後にも少し工夫が必要。メイクブラシをきれいに保つために乾かし方にもルールがあるんです!

 

 

絶対陰干し!

直射日光がNGなので、風通しのいい場所で陰干しをしてあげてください。なぜ直射日光がダメなのかというと、お洋服と一緒でウールやシルクなどのおしゃれ着も痛みや劣化を防ぐために陰干しをしますよね?それとほとんど一緒の理由で、強すぎる日光はメイクブラシにとってもよくないんです。

 

 

タオルドライをしっかりと

びしょびしょのまま放っておいたら早く乾くものも乾かないし、長い間水分がブラシに含まれている状態はあまりよくありません。メイクブラシを洗ったあとは、タオルで優しく拭き取ってあげてください。

 

 

どうしても早く乾かしたいときは…

ドライヤーを使うのも1つ手段です。ただ熱風は絶対NGなので、冷風を遠くから当てて乾かしてあげてください。熱風をあててしまうとメイクブラシが痛む原因になってしまいます。

 

 

 

メイクブラシ洗浄に使ってもOKな洗剤は?

今回は中性洗剤でメイクブラシを洗っていきましたが、もちろん他にも使っていい洗剤や洗剤となってくれるものがあるんです。それはこの3つ!

 

メイクブラシを洗う道具の写真

・エマール
・ブラシクリーナー
・クレンジング(メイク落とし)

 

特にブラシクリーナーは、メイクブラシを洗う専用のアイテムなので安心して使えちゃいます。

 

シュウウエムラのブラシクリーナーブラシクリーナー 1,800円 /シュウ ウエムラ

簡単に使い方を説明すると、筆先が浸るくらいの量をガラス容器に出して筆先を浸して洗浄します。基本的に先ほど説明した洗い方と同じだけど、洗剤を混ぜたりする必要がないので楽に洗浄ができちゃいます。

 

 

ちなみにNGなものは…

知っておきたいメイクブラシを洗ってはいけないものはこれ!

 

・台所用洗剤
・シャンプー
・石鹸

 

「え!洗浄力が高そうなのになんで?」って思うかもしれませんが、逆にその洗浄力がメイクブラシを痛めてしまう原因になりかねないんです。髪の毛を洗うシャンプーだって、コンディショナーをしないとゴワゴワになってしまいますよね。メイクブラシだって同じことで、シャンプーで柔らかい筆にはならないんです。

 

また石鹸でも落とせるという声もありますが、メイクブラシの汚れは化粧品が付着していて油性なのに対し、石鹸はアルカリ性。油性の汚れを落とすのにはあまりおすすめはしません。メイクブラシ専用の固形石鹸であればもちろんOKですよ!

 

 

 

毎日使う「メイクブラシ」はお手入れもしっかり行って♪

メイクブラシと用意するものの写真

メイクブラシは毎日使うものだし、肌に直接触れるものなのでなるべく清潔な状態を保っておくべきです。今回紹介した洗い方を実践して、こまめにお手入れしてあげてくださいね。

 

 

 

information

シュウ ウエムラ ☎︎0120-694-666

 

 

※価格はすべて税抜きです

[記事公開日]2019.9.09 [最終更新日]2019.9.24

NEW POST

ビューティーの新着記事

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ビューティーのランキング