人気の理由も納得!キャンメイクのテラコッタチークが想像以上に優秀だった

ひとつ600円以下で買えるキャンメイクのクリームチーク。これのテラコッタカラーを偶然もらって、なんとなく使って…。「プチプラだしどうなんだろう?」と正直思っていたのですが、これが想像以上に使えるアイテムだったんです!むしろこれ1個でメイクを終わらせる日があるくらい♡ここでは、私が実際にやっているメイク法と合わせて、その魅力をみなさんにもご紹介しちゃいます。

お値段&想像以上に優秀なコスメを発見!

ライターという仕事柄、日々色々なコスメを試している私。もちろん、期待以上のアイテムもあれば、それを超えなかったアイテムもあるのですが…。最近「お値段以上すぎない?」っていうイチオシアイテムを発見しちゃったんです!

 

 

キャンメイククリームチークの〈アーモンドテラコッタ〉

キャンメイク クリームチーク〈16 アーモンドテラコッタ〉580円

それがこちら!そう、人気プチプラコスメ「キャンメイク」のクリームチークの16番。クリームチークは以前から発売されていたのですが、こちらは2018年秋に登場したカラー。もうこれがとにかく使い勝手がよすぎて、時間がない日はこのチークひとつでメイクを完成させてるくらい♡ ぜひその魅力を、みなさんにも知って欲しいんです!

 

 

 

魅力はプチプラなのに使いやすい色&質感

何がいいってまずはそのお値段。ひとつ580円なんてコスパよすぎるじゃないですか?

 

それに加えて、肌にすっと馴じむこの絶妙な透け感。クリームタイプですがベタッと感もないので、季節問わず使いやすいんです!また、ブルベ・イエベなどの肌の色を問わず、誰でも似合うテラコッタカラー。薄づきなので失敗しにくく、自分の好みに合わせて濃さを調整できるのもGOOD。

 

 

 

頬に目元に口元にフルで使いこなせます

頬に使用するとこんな感じ。透け感があるので肌に透明感も生まれ、ナチュラルに取り入れることが可能。素肌感を残しつつ、顔全体に程よい血色と立体感を与えてくれますよ。

 

私の場合はそのままアイシャドウとしてもON。このじわじわ感がたまらなくて、デイリーメイクにも結構活用してるんです。先ほども言ったとおりベタッと感が少ないので、ヨレたり、二重の線にたまったりせず、伏し目もきれいにキマります!まぶたに溶け込んで、内側から発色したような目元に♡

 

ワントーンで揃えたい時は、そのまま唇にもON。チークなのでリップと比べるとやはり落ちやすいのですが、セミマットな質感でいい感じにおしゃれ顔になれる〜!私はしっかりめに塗っていますが、指でとんとんと塗ってじんわり仕上げてもかわいいかも♡このチークひとつで、メイクの雰囲気をガラリと変えることができるんです。

 

 

 

大人気の「グロウフルールチークス」との合わせ技も◎

キャンメイク グロウフルールチークス〈10 テラコッタフルール ※限〉800円

試してみてこれまたよかったのが、同じくキャンメイク「フルールチークス」との合わせ技。特に2019年1月に発売された新色テラコッタフルールとの相性は抜群です!

 

こちらはパウダータイプのグロウフルールチークスを目元に、それ以外のパーツはクリームチークで仕上げたメイク。

 

グロウフルールチークスはブラウンやテラコッタなど微妙に色味が異なる5色がひとつになっているので、ほんのりとグラデーション風に仕上げることも可能。クリームチークで仕上げた目元よりも柔らかな雰囲気で、大人っぽい目元に仕上がります。

 

こちらはパウダータイプのグロウフルールチークスを頬に、それ以外をクリームチークで仕上げたメイク。

 

同じテラコッタでも質感が変わるだけで、仕上がりにも違いが!ふんわりと中心から広がるように発色し、よりナチュラルな印象に。どこか軽やかな仕上がりなのは、5色に含まれているハイライトのおかげ。塗っている感が少ないので、シーンを問わず活躍しそうです♡

 

この他にも、クリームチークをトントンと頬に塗った後に、グロウフルールチークスでぼかしたり。目元と頬をグロウフルールチークスで仕上げて、口元にだけクリームチークをのせたりとメイク方法は多数!同じ色味なのでどんな取り入れ方でも不自然にならず、テラコッタという絶妙なカラーが顔全体のおしゃれ度を引き上げてくれるんです。

 

 

 

優秀チークの実力をぜひ試してみて

きっとお値段以上の使い心地を実感できるキャンメイクのクリームチーク。ひとつ600円以下で購入することができるので、みなさんもぜひ試してみてくださいね。

 

 

※価格はすべて税抜き、商品は編集部の私物です

[記事公開日]2019.4.05 [最終更新日]2019.4.09

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS