今更だけど”キワを埋める”ってどういうこと?基本のアイメイクテクをレクチャー

アイライナーテクの基本とも言える、まつげのキワを埋める引き方。一重、奥二重、二重と目の形を問わず、ナチュラルに目元を大きく見せることができる引き方なのですが…。実は、「上手に引けているか不安」と感じている女性も多いんです。きれいに引くコツやアイテムなどはあるのか…?実践しながら詳しく解説しちゃいます!

メイク歴は長いけど…。キワを埋めるがいまだに分かりません

目元を引き立たせる為に欠かせないアイライナー。その引き方は気分やトレンドによって様々ですが、中でも押さえておきたいのはまつげのキワを埋める基本の引き方です。

一重、奥二重、二重と目の形を問わず目元を大きく見せることができる一方、「正直苦手…」と感じている人が多いのも実はこの引き方。

 

そこで、「そもそもキワってどこのこと?」「うまく引く方法はあるの?」などなど…。ここでは”キワを埋める”のみにフォーカスをあてて、みなさんの今さら聞けないをひとつずつ解消しちゃいます!

 

 

そもそも「まつげのキワ」ってどこ?

そもそも、まつげのキワとはどの部分なのか…?苦手と感じている人の中には、ピンとこない人も多いのかなと思います。

まつげのキワはまぶたをグイッと持ち上げた際に見える、まつげの生え際(ギワ)・根元のこと。まつげの上でも下でもなく、生えている場所のことを言います。この部分を埋めるように引くことで、ナチュラルに目元を引き立てることができ、どんなメイクにもハマるパッチリ目に仕上がるんです。

 

 

 

とにかく詳しくキワの埋め方を紹介!

では、実践しながら引き方のコツやポイントを詳しく解説していきますよ〜!

 

 

使うのはペンシルタイプのアイライナー

使うのはペンシルタイプのアイライナー。「キワは絶対にペンシル!」というような決まりはないのですが、大体の女性がこのタイプを使用していますよ。リキッドタイプだとペン先が細すぎて、キワを埋めるにはちょっぴり不安定。ジェルタイプの場合は逆に筆が太すぎて、仕上がりがガタガタしちゃいます。

キワを埋めるにはペンシルタイプの太さ&発色がまさに丁度いい。持っていないという人は、プチプラブランドのものでいいのでひとつ購入してみましょう。選ぶ際は、皮脂や水分に強いアイテムを。色はキリッとクールに仕上げたい人はブラックを、柔らかくナチュラルに仕上げたい人はブラウンをチョイスすると◎

 

 

《step1》ビューラーでまつげを上げる

キワにラインを引く際は、事前にビューラーでまつげを上げておきます。まつげが下がっている状態よりも生え際部分が見えやすいので、引きやすさが格段にアップします。

 

 

《step2》まぶたを指でぐいっと持ち上げる

まつげを上げたら利き手じゃない方の手の指で、上まぶたを持ち上げましょう。皮膚を伸ばし、生え際が正面を向くイメージでグイッと!

 

 

《step3》まつげの隙間を埋めるように、小さくアイライナーを動かす

あとはまつげの隙間を埋めるように、アイライナーを引いていくだけ。リキッドアイライナーのようにひと引きで色がつくわけではないので、細かく左右に動かしながら隙間を埋めていきますよ。上手に引けているか不安な人は、少し引いたらまぶたを戻して仕上がりをチェックする。一気に引かずに確認しながら行うことで、失敗を防ぐことができます。

 

 

《まぶたについてしまったら?》綿棒で優しくオフしよう

万が一はみ出してしまったり、まぶたについてしまった場合も慌てなくて大丈夫。ペンシルタイプのアイライナーはリキッドタイプに比べて密着度が低いので、引いてすぐであれば綿棒でスルリと落とすことができます。綿棒を細かく動かし、周りに広がらないよう注意しながらオフするといいでしょう。

 

 

仕上がりは?

仕上がりがこちら。まつげのキワを埋めるだけでも目元の印象が変わりますよね。二重のラインが狭くなることもないので、目が小さく見えることもなし。これだけでナチュラルなパッチリ目元を叶えることができちゃうんです!

 

仕上がりが物足りないという人は、目尻を2〜3mmほど長めに引いてあげると◎す〜っとまっすぐ伸ばしてあげることで、ナチュラルさはキープしつつも目幅を広く見せることができます。目尻部分だけ細く引けるリキッドタイプを使用するなど、場所によってアイテムを使い分けてもいいかもしれません。

 

 

 

間違えやすいけど…。こんな引き方はNG!

上手な引き方をつかんだところで、今度は失敗する可能性大のNGな引き方をチェック!「ラインがよれてしまう」「まっすぐ引けない」など引き方ひとつで仕上がりが変わるので、こちらもしっかり押さえておきましょう。

 

 

【NG①】キワの内側の粘膜に引く

まつげのキワのさらに内側、粘膜部分に引くのはNG。目の中にアイライナーが入ってしまう恐れもあり、目の縁が狭まるのでデカ目効果も半減。もちろん目の形によっては「引いた方が大きく見える」という場合もあるのですが、下まぶたににじむなどヨレ・崩れの原因にも繋がるので、基本的には引かないのがベター。

 

 

【NG②】下からじゃなく上から引く

下からじゃなく上から引いている場合も、キワの正しい場所が分からずガタガタと太いラインになってしまう可能性が高いのでNG。キワを引くときは下から、これが基本なんです!

 

 

 

ナチュラルに目元をメイクしちゃいましょ♡

キワを埋める引き方は、どんな目の形でも、何歳になっても使えるテクなので、この記事を参考にぜひトライしてみてくださいね。

[記事公開日]2019.1.22 [最終更新日]2019.2.06

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県