ヨレの原因はこれかも!メイクが崩れがちな人が犯している4つの過ち

「メイクがヨレやすいな〜」と感じているあなた、それ肌質だけが原因じゃないんです。ヨレやすい人は共通して、メイク中にある"過ち"を犯しています。崩れを引き起こす原因とは一体…?対処法と合わせて詳しくご紹介しちゃいます!

メイクがヨレやすい原因は”肌質”だけじゃないんです!

メイクが崩れやすいのは、肌質のせいだと思っていませんか?確かにそれも要因の一つではありますが、メイク中の”ある過ち”がヨレ・崩れを引き起こしている可能性も…!

当てはまる人は要注意。メイクがヨレがちな人が犯している4つの過ちと、その対処法をご紹介します。これらを改善するだけでメイクのもちが変わるので、ぜひ参考にしてみて!

 

 

 

メイクがヨレがちな人が犯している”過ち”4つ

①肌を保湿した後、すぐにメイクをしている

朝、肌を保湿した後、すぐにメイクに取り掛かっていませんか?スキンケア直後は肌表面に水分が残っている状態なので、メイクが肌に密着しません。

その状態で汗をかいたら…?それはいとも簡単に、ガタガタとメイクが崩れてしまうんです。このスキンケア直後のメイクは、ファンデの塗りムラにも繋がります。当てはまる人は次の方法↓で対策を…!

 

 

対処法は?「3分ほど時間をおいて、馴染ませてからメイクをしよう!」

スキンケア後は3分ほど時間をおいてから、メイクに取り掛かるようにしましょう。スキンケア時に、手やコットンでしっかりとパッティングすることも大切ですよ。

肌のベタッと感がなくなり、しっとりとした質感に変わった頃がベストタイミング。「朝にそんな時間ないよ〜」という人は、ティッシュオフするだけでも大分仕上がりが変わるので、ぜひ試してみてください。

 

 

②化粧下地やアイシャドウ下地など、ベースを使っていない

化粧下地やアイシャドウ下地…など、メイクをする前にきちんと”ベース”を使っていますか?肌表面が凸凹とした状態だと、どうしてもファンデがノリづらいです。肌にメイクが密着せず、浮いているような状態なので、少しの汗・皮脂でするんと落ちてしまうんです。「使っていない!」という人は、これが大きな原因かもしれません。

 

 

対処法は?「理想の仕上がりに合わせたベースを使おう」

対処法はシンプルですが、自分の肌&理想の仕上がりに合わせたベース(下地)をきちんと使うこと。今はデパコスブランドはもちろん、プチプラブランドからも優秀なベースがたくさん発売されているので、まずはお店でお試しを。

ファンデーションの前に使用する「化粧下地」、アイシャドウの前に使用する「アイシャドウ下地」この2つを取り入れるだけで、かなりヨレにくくなりますよ。仕上がりも全然違うので、メイクを美しく見せてくれるものを、探してみてくださいね。

 

 

③化粧下地とファンデの相性が悪い

「化粧下地はちゃんと使っているのに、それでも夕方にはヨレるんです」そんな人は、化粧下地とファンデーションの相性が悪いのかも。”化粧下地はマットなのに、ファンデーションは濡れツヤのあるもの”…など、チグハグな組み合わせになっていないですか?

相性が悪いもの同士を合わせると、当然のこと”密着度”も低いです。密着度が低いと…何度も言っていますが少しの汗で崩れます!塗りムラ・粉浮きの原因にも繋がるので、こちらもしっかりと対策を。

 

 

対処法は?「化粧下地とファンデは、ブランドを揃えるのがベター」

化粧下地とファンデーション、それぞれに「絶対これ!」というこだわりがない場合には、ブランドを揃えるのがベター。どのブランドも、”合わせて使った時に美しい仕上がりが叶うよう”商品が作られているので、相性が悪いということはほぼ100%ないです!

ブランドごとにベースメイクの仕上がりも異なるので、自分にぴったりのものを見つけてみるといいかも。今までなんとなく選んでいた人は、この機会に、使っている化粧下地&ファンデーションを見直してみて。

 

 

④肌に馴染む前に、次のメイクを重ねている

スキンケアの後に時間をおくのが大切とお伝えしましたが、メイクも都度都度きちんと馴染ませるようにすると◎

日焼け止め、化粧下地、コンシーラーにファンデーション…と、ベースメイクだけでもかなりの工程がありますが、一回一回馴染ませることでメイクのもちが変わります。メイクはポンっとのせるものではなく、肌に仕込むものなので、密着度をどれだけ高めることができるかが重要なんです!

 

対処法は?「スポンジで馴染ませてからメイクしよう」

対処法は、都度スポンジでおさえて、しっかりと馴染ませること!こうすることで肌の余計な油分を取り除くことができますし、仕上がりもよりナチュラルに。

日焼け止めを塗ったらスポンジ、化粧下地を塗ったらスポンジ…と手間も時間もかかるのですが、メイク上手さんはこの工程を惜しみません。スポンジはドラッグストアなので買える手頃なものでOKなので、早速試してみてください。

 

 

 

メイクの順番でもヨレは回避できます!

ヨレにくくする為には、メイクの”順番”も大切。ベースメイクとアイメイク、それぞれ紹介していきまね。

 

 

「ベースメイク」のヨレにくい手順

ベースメイクは、日焼け止め→化粧下地→コントロールカラー→コンシーラー→ファンデーション→パウダーの順番に。使っていないコスメもあると思いますが、基本はこの流れが◎

日焼け止めで紫外線対策をして、その上から化粧下地を重ねる。化粧下地でカバーできなかった肌の色味をコントロールカラーで補正し、コンシーラーでクマやニキビ…などの肌トラブルをピンポイントでカバー。その上から薄くファンデーション&パウダーを重ねれば、見た目もきれいだし、皮脂や汗にも強くなります。

 

ベタつきやすい日焼け止めの順番を間違えると、ヨレや崩れの原因に繋がるので特に注意して!

 

 

 

「アイメイク」のヨレにくい手順

アイメイクは、アイシャドウ→ビューラー→アイライナー→マスカラの順番が◎ポイントはアイライナーをアイシャドウの上から塗ることです。

はじめにアイシャドウを塗ることで、目元の皮脂をおさえることができ、アイライナーが滲みづらくなります。また、ビューラーでアイライナーが落ちてしまう恐れもないので、基本的にはこの順番がおすすめですよ。

 

ベースメイクもアイメイクも塗り方一つで崩れにくくなるので、こちらもぜひお試しあれ!

 

 

 

これだけできっと変わるはず。ヨレ・崩れとさよならしよう!

メイクに一手間加えることで、もちは格段にアップします!普段の自分のメイクを見直し、ヨレや崩れの原因になることを少しずつ改善していきましょう。

[記事公開日]2018.8.05 [最終更新日]2018.8.09

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県