女性と夕日

もうヘコみたくない!悩みだらけのあなたに捧ぐ”折れない心”の作り方

[記事公開日]2018.6.24
[最終更新日]2019.2.19

いつもお悩みいっぱいでネガティブ思考、すぐにヘコんでしまう自分をどうにかしたい…そう思うなら、折れない心を手に入れて毎日をポジティブに過ごしませんか?心が折れやすい人・折れにくい人の差は"考え方"の違いにアリ!まずは5つの方法を試してみて。

もうヘコみたくないから…折れない心の作り方

カラフルな傘

クヨクヨと悩んでヘコみがちな人は、気づいたら悩みだらけになっていてネガティブな考え方になりやすいですよね。もうヘコみたくない…そう思うなら、折れない心を作りませんか?何事も気の持ちようなので、心が折れなければヘコむことも減りそうですよ。

 

 

 

①何事も経験だと思い受け流す

ノートとペンと付箋

失敗をすると”なんでダメだったんだろう…”と深く考え、余計に落ち込んで負のループに陥ってしまいがち。ですが、何事も失敗してこそ上達するもの。これもいい経験だったと思い、受け流すのがモヤっとしない方法ですよ。経験してみないと分からないことだってたくさんあるので、まずは頑張った自分を褒めてみてもいいのでは。

 

 

 

②「TO DO」ではなく「NOT TO DO」を決めてみる

スケジュール帳とペンと時計

あれもこれもやらなくちゃ…とアタフタしてキャパオーバーになっている人は、一旦その考え方はストップ。いろいろなことに手をつけ過ぎて物事が上手くいっていない可能性があります。なので、たまには心を軽くするために”やらないこと”を決めてみましょう。

 

to doリストと時計とペン

頑張りすぎている人は、ときどき休憩タイムを挟みましょう。やらないことを決め、さらにノートや携帯にメモをすると自分に言い聞かせられるので効果がアップしますよ。気持ちに余裕ができるといろいろなことが順調になり、結果的にヘコむことが減りそうです。

 

 

 

③自分と誰かを比べない

自分と誰かを比べて、どっちが優れているかを考えてもどうにもならないのは分かっているはず。誰かと自分を比べるくらいなら、過去の自分と今の自分を比べてみませんか?

 

雑誌とメジャー

あのとき出来なかったことが今はできるようになっていると気付けたり、今の方が前よりも頑張っていると思うことがありますよね。過去の自分より進歩しているところは素直に褒めて、モチベーションを上げていきましょ♪人は人、自分は自分!と思っていると他の誰かを羨んだりしてヘコむことも無くなりそう。

 

 

 

④ダメな自分を受け入れて状況を整理する

いま出来ないこと、出来なかったことがあるならそれが現実ですよね。なんでダメだったんだろう…と、ただただ落ち込んでいてはヘコんでいく一方。今はだめでもこれから巻き返そう!と気持ちを盛り上げるために、まずは冷静に理由を洗い出していきましょう。

 

ノートとペンと付箋と時計

そうすると、”タイミングが悪かった”だったり”そもそも実力が伴っていなかった”など原因が見えてくるはず。そうなったらあとはどうすればいいのかを考えるだけですよ。そう考えているうちにもどんどん気持ちが上がってくるので、モチベーションを維持できそうですよね。打開策を見つけられたら怖いもの無しの無敵です♡

 

 

 

⑤一旦、現実逃避してみる

ヘコみ過ぎてもうどうでもいい…なにも考えたくないと思ったら、なにも考えなくていいと思います。今はとにかく自信を取り戻すのが最優先かも。

 

本と花

嫌なことはひとまず全部忘れて、楽しいと思うことや得意なことをしてみるといいですよ。どうしようかを考えるのは二の次で、そうするとヘコんでいた気分もリフレッシュされて自信を取り戻せるはず。気分が晴れたらまた頑張ればいいんです!ただ、羽を伸ばしすぎるともう本当にどうでもよくなってしまうので程々に。

 

 

 

折れない心で憂鬱さを撃退!

ノートと色鉛筆

ヘコんでしまった気持ちを元に戻すのは一苦労ですよね。だったら折れない心で毎日をポジティブに過ごしませんか?とはいえ折れない心になるまでにも時間がかかるので、少しずつでも実践してみると考え方が次第に変わってきて気付いたら、私…この頃、憂鬱な日ないかも♪となっていますよ。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事