サービス名称を lamire に変更いたしました。

ベストコスメ賞受賞!究極の”貯水”化粧水「エスト ザ ローション」の実力は?

2017年下半期のベストコスメ賞受賞!ビューティー雑誌をはじめ、数々のメディアで取り上げられている「エスト ザ ローション」。乾燥などの外的要因から肌を守り、一日中ハリ&潤いをキープしてくれる究極の"貯水"化粧水です♡lamire編集部では実際に使用し、その使い心地を詳しくお届け。合わせて、乳液「エスト ザ エマルジョン」の魅力もたっぷりご紹介しちゃいます。

どんな環境からも肌を守る”最強”スキンケアを発見!

花王ソフィーナから生まれたトータルビューティーブランド「est(エスト)」。ソフィーナの技術を結集して作られたestの製品は、2000年の発売時から今も多くの女性に支持されています。中でも、2017年に発売された「エスト ザ ローション」の人気は別格。発売されたばかりにも関わらず、2017年下半期のビューティーアワードを総ナメにした大注目の化粧水なんです!

なぜそんなに評価が高いのか、使用後の肌の状態はどう変わるのか…。lamire編集部で実際に使用し、詳しくレポートしちゃいます。これぞ究極の”貯水”化粧水…!?「エスト ザ ローション」の魅力をたっぷりお届け♡

 

肌にとろ〜っと溶けて、夜まで潤い持続♡

「エスト ザ ローション」は、別名「究極の”貯水”化粧水」。角層細胞のケラチン繊維に水分を束縛するよう抱え込ませ、過酷な乾燥環境でも一日中潤いが続くよう工夫されているのだそう!保湿成分として、ユーカリエキス、ショウキョウエキス、ヒバマタエキス…など、豊富な栄養素がたっぷり配合されています。

とろみのあるテクスチャーなので、どんな肌質の人でもす〜っと気持ちよく馴染んでいきます。

実際に朝の洗顔後に使用しましたが、潤い成分に肌が”ふわっ”と包まれる感覚で刺激も少なめ。角質層まで浸透しているのを実感することができ、使用後は手のひらに肌が吸いつくほどもっちり&柔らかな触り心地に。保湿力は高いですがベタつき感は一切ないので、季節を問わず使いやすいかなと思います。普段乾燥しやすい目の周りや頬も、これを使った日は1日潤ったままでした!なんだか肌の透明度も上がった気がします♡

 

《エスト ザ ローション》
・本品   140ml 6,000円(税抜) ※記事内ではこちらを使用
・レフィル 130ml 5,500円(税抜)

 

乳液「エスト ザ エマルジョン」とのライン使いが◎

「エスト ザ ローション」と合わせて使って欲しいのが、乳液「エスト ザ エマルジョン」。たっぷりの保湿成分が角層に浸透し、潤いを内側にしっかりと閉じ込めます。

通常の保湿タイプと美白タイプの2タイプが販売されており、それぞれⅠ〜Ⅲの3つの使用感の中から、自分の肌の状態に合ったものを選ぶことができますよ。こちらも化粧水と同様、ユーカリエキス、ショウキョウエキス、ヒバマタエキス…など、保湿成分がたっぷりと配合されているんです。

 

使用したのは美白タイプのW-Ⅱ。美白タイプには紹介した保湿成分の他に、美白有効成分「カモミラET」が配合。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防いでくれます!ポンプ式なので、一定量を手に取ることができるのも嬉しい♡

 

こちらも実際に使用しましたが、「エスト ザ ローション」と合わせて使うことで、よりふわっと柔らかな触り心地に。化粧水のように肌にす〜っと馴染んでいくので、メイクを上から重ねてもヨレません。うるっとしたツヤ感が生まれ、一日中ハリのある肌が持続します♡

 

《エスト ザ エマルジョン》
◾️保湿タイプ(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)
・本品 (Ⅰ/Ⅱ 80ml Ⅲ 80g) 税抜6,000円
・レフィル (Ⅰ/Ⅱ 80ml Ⅲ 80g) 税抜5,700円
◾️美白タイプ (W-Ⅰ・W-Ⅱ・W-Ⅲ)
・本品 (W-Ⅰ/W-Ⅱ 80ml W-Ⅲ 80g)税抜6,500円 ※記事内ではこちらのⅡを使用
・レフィル (W-Ⅰ/W-Ⅱ 80ml W-Ⅲ 80g)税抜6,200円

 

私の肌、もう乾燥に負けません!

ビューティーアワードを総なめにした「エスト ザ ローション」の実力は間違いなし。ちょっぴりお値段ははりますが、それ以上の満足感をきっと得られるはずですよ♡スキンケアのスペシャリスト、ソフィーナの本気をあなたの肌で実感してみて!

 

SHOP LIST

花王ソフィーナ 0120-165-691

[記事公開日]2018.5.15 [最終更新日]2018.5.18

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県