春の新定番!アウターの上からベルトONがおしゃれ度高めってウワサ♡

アウターの上からベルトをつけるのが、この春注目のスタイル。トレンチコートにもキルティングジャケットにもGジャンにも…ウエストマークが新しい!身につければ簡単にトレンド顔ですが、どう着こなすのが正解?コーデをマスターして、早速明日から取り入れて。

春アウターにベルトをきゅっ♡が新鮮です

ジャケットにベルトをした女性出典: WEAR

着こなしのアクセントとして、何かと重宝するベルト。パンツやスカートに合わせるだけではなく、シャツやワンピースの上からもベルトをするのが最近のトレンドですよね。この春はさらに進んで、アウターにもベルトをきゅっと巻いちゃいませんか?シルエットを変えることで、おなじみの春アウターも簡単にイメチェンできちゃうんですよ。

 

 

 

いざ、春アウターにベルトをプラス!

さっそく、春アウターにベルトをプラスしてみましょう。冬アウターに比べて薄手でやわらかい生地のものが多いから、ベルトをきゅっとひと巻きしてもごわつきません。しかも手持ちのアイテムだけで、お手軽に試せちゃうのも嬉しいですね♡

 

白のトップスにペイズリー柄のスカートを合わせてレギンスをレイヤードし、ベージュのノーカラージャケットの上からベルトをした女性出典: ZOZOTOWN

2019春注目のジャケットに、黒のレザーベルトをON。落ち感のあるなめらかな素材のジャケットなら、女性らしい身体のラインをさりげなくアピールすることができますね。ベージュやブラウンなどシックなアースカラーでまとめて、ほんのり女っぽさの薫るジャケットコーデを堪能しちゃいましょう。

 

白のトップスに白のパンツを合わせてミリタリージャケットを羽織り、その上からベルトをした女性

出典: WEAR

オーバーサイズのミリタリージャケットにも、ベルトをきゅっとひと巻き♡少し高めの位置にウエストマークすることで、シルエットを変えられるだけではなく、スタイルUP効果も狙えちゃいます。トップスもパンツもクリーンなホワイトでそろえれば、ラフな印象のミリタリージャケットも春らしくさわやかに仕上がりますよ。

 

黒のトップスにデニムを合わせて、ベージュのリネンガウンコートの上から黒のベルトをした女性

出典: ZOZOTOWN

からりとしたリネンの風合いが、ナチュラル感いっぱいのガウンコート。黒Tとデニムのシンプルコーデにさらりと羽織るだけでも十分おしゃれだけれど、ベルトをアクセントに効かせればまた違った表情に。こちらの黒いベルトは元々ガウンとセットになったものですが、手持ちのベルトでも応用できそうですね。

 

 

 

細ベルトならさりげないアクセントに

春アウターONベルトコーデをシックに仕上げたいときは、ぜひ華奢な細ベルトをチョイスしてみて。アウターの上から巻いても主張し過ぎないから、さりげないアクセントにピッタリ♡レオパード柄などちょっぴりエッジの効いたベルトも、細ベルトならトライしやすいですよ!

 

白のトップスにグレーのパンツを合わせて、デニムジャケットの上から細ベルトをした女性

出典: WEAR

明るめのインディゴブルーが春らしいデニムジャケットには、ライトブラウンの細ベルトが大げさすぎずちょうどいいバランス。ドロストパンツを使ったリラックス感のある着こなしに、程よく上品なニュアンスを添えることができますね。

 

白のトップスにデニムを合わせてピンクベージュのガウンの上からコードベルトをした女性

出典: ZOZOTOWN

さらりとまとえるやわらかなピンクベージュのガウンに、コードベルトをゆるく結んでこなれ感たっぷりに。自分で結ぶロープ状のベルトは、きゅっときつめに結んだり、結び方を変えるなど色々アレンジが楽しめそうです♡

 

白のトップスにデニムを合わせて、ベージュのカーディガンの上からレオパード柄の細ベルトをした女性

出典: WEAR

春アウターとしても使えるざっくりカーデに、レオパード柄の細ベルトをプラス。ホワイトのタンクトップや薄色デニム、そしてサンドベージュのカーディガンの淡色コーデを、ちょっぴりスパイシーに仕上げてくれますよ。

 

 

 

同系色のベルトでなじませウエストマーク

ベルトのカラーを、アウターと同系色でそろえてなじませるのも◎。シルエットにメリハリを出してスタイルUPを叶えつつ、よりこなれた雰囲気に仕上げることができちゃうんです。ベルトはプチプラでもかわいいものを見つけやすいから、ヘビロテ中の春アウターと似たカラーをGETしちゃうのもアリかも!?

 

黒のトップスにデニムスカートを合わせて、ベージュのミリタリージャケットの上からベージュのベルトをした女性

出典: WEAR

ゆるっと抜き襟気味に羽織ったビッグシルエットのCPOジャケットは、胸元の大きなフラップポケットがキュートなアクセント。同じベージュのスウェードベルトできゅっとウエストを絞れば、ジャケットのかわいらしさがいっそう引き立ちますよ。

 

ベージュのボーダートップスに黒のパンツを合わせて、ベージュのステンカラーコートにベージュのベルトを合わせた女性出典: WEAR

コートには共布のベルトが付いているものだけれど、ときには気分を変えて手持ちのベルトを巻いてみるのはどう?コートになじむ同系色のベルトなら、悪目立ちしないから挑戦しやすいはず。軽やかなコットンリネンのステンカラーコートに華奢なレザーベルトを巻いて、ボーダートップス×黒スキニーの定番コーデにさりげなく女っぽさをプラスしてみて。

 

白のVネックトップスに黒のストライプ柄のキャミワンピをレイヤードして、グレーのテーラードジャケットの上から黒のラインベルトをした女性出典: WEAR

真面目な印象のテーラードジャケットを、白いラインが効いたバンドベルトでカジュアルダウン。白Tにストライプ柄のキャミワンピース、そしてチャコールグレーのジャケットに黒のベルトと潔いモノトーンに徹すれば、ワンピコーデもハンサムにキマります。

 

 

 

ウエストバッグを効かせるのもアリ

今やカジュアルコーデに欠かせないウエストバッグを、ベルト代わりに使うのもGOOD!ポーチ部分がある分、普通のベルトよりもインパクトのある着こなしが楽しめます。でも、スポーティーなシャカシャカ素材のウエストバッグだと、やり過ぎ感が出ちゃうかも…。高級感のあるレザー素材の小ぶりなタイプなら、シックに身に着けることができそうですよ。

 

白のトップスに黒のパンツを合わせて、トレンチコートの上から黒のベルトバッグをした女性

出典: WEAR

コンパクトなウエストバッグで、ハリのある素材感のトレンチコートをきゅっとウエストマーク。それだけでもスタイルUP効果は抜群ですが、さらにふわりと広がるコートの裾が華奢なウエストを強調してくれるから、ルーズなニットパンツもバランスよく着こなせちゃいますね。

 

黒のトップスにデニムを合わせて、ニットカーデの上から黒のベルトバッグをした女性

出典: WEAR

ざっくりカーデの上からウエストバッグをプラスしても◎。きれいめな印象のレザー素材なら、ローゲージニットに合わせてもほっこり見えてしまうことはありません。大胆にロールアップしたデニムの足元も黒のVカットシューズでピリッと締めれば、シンプルだけれどクールな着こなしが完成します。

 

白のトップスに白のパンツを合わせて、ブラウンのジャケットの上からベルトバッグをした女性出典: WEAR

小ぶりのウエストバッグなら、モノグラムも派手になりすぎずちょうどいい感じ。ベージュのジャケットにくるっとONして、ホワイトデニムを使ったさわやかな着こなしをちょっぴりリッチにアップデートしちゃいましょう。

 

 

 

春コーデはアウターにベルトONが新定番♪

黒のトップスに白のニットスカートを合わせて、ミリタリージャケットの上からベルトをした女性

出典: WEAR

この春は、アウターにベルトをきゅっと巻くのがとびきりおしゃれ♡ぜひあなたも春アウターにベルトをプラスして、感度の高い着こなしにチャレンジしてみてくださいね。

[記事公開日]2019.4.16 [最終更新日]2019.4.21

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS