誰でも色使い上手に!冬コーデのおしゃれな配色パターンをナビゲート

手っ取り早く冬コーデがおしゃれにキマる配色パターンをストックしておくと、寝坊した朝やコーデに悩んだ時にとっても便利。そこで、基本的な配色ルールやトレンドの茶系カラーを使ったおすすめ配色、淡いトーンの春待ち配色まで徹底ナビゲートしちゃいます♡

冬コーデのおしゃれな配色パターンって?

白のトップスにベージュのパンツを合わせて、ベージュのボアアウターを羽織った女性

出典: WEAR

他の季節よりもアイテムが多い冬は、色使いに気を付けないとごちゃごちゃした印象に陥りがち。こんなとき、組み合わせるだけでコーデがキマる配色パターンを覚えておくと、とっても便利なんです。さあ、冬コーデをおしゃれにアップデートできる配色を、さっそくチェックしていきましょう!

 

 

 

おしゃれ見えする配色の基本ルール

冬に限らず、着こなしをおしゃれに見せる上で押さえておきたい配色ルールをまずは簡単に確認していきます。と言っても難しいことは特にありません。もしかしたら、みんな無意識のうちに実践できているかも!?

 

 

使う色は3色程度に抑えるのが◎

白ニットにカーキのパンツを合わせて、ベージュのコートを肩掛けした女性

出典: WEAR

色をたくさん使いすぎると、やり過ぎ感が出てこなれ見えとは真逆の着こなしに…。コーデにメリハリを出しつつスッキリと仕上げるには、使うカラーを3色程度に絞るのが理想です。

 

 

アクセントカラーとセパレーションカラーを活用しよう

アクセントカラーをポイントに

白ニットに黒デニムを合わせて、赤のコンバースを合わせた女性

出典: WEAR

アクセントカラーは差し色とも呼ばれ、文字通り着こなしのアクセントになる色のこと。コーデ全体の1割程度がベストバランスなので、まずは小物で挑戦するのも◎。たとえば白ニットと黒デニムの組み合わせに赤のコンバースを効かせたら、コーデがグッと垢抜けますよね。

 

 

セパレーションカラーでメリハリを

ベージュのニットに白シャツを仕込んで、ベージュのパンツを合わせた女性

出典: WEAR

セパレーションカラーは、淡い配色に変化をつけたり、強すぎる配色をやわらげる色のこと。たとえば、ベージュのニットとパンツの間に白のインナーをはさむと、まろやかなワントーンをキープしつつも着こなしにメリハリが出せます。セパレーションカラーには白や黒などの無彩色や、鮮やかすぎない色を使うとうまくいきますよ。

 

 

 

人気の茶系カラー、おすすめ配色パターンはこれ!

2019冬も大人気のブラウン系カラー。みんながこぞって着ている色だからこそ、必勝配色パターンでおしゃれ見えを叶えちゃいましょう!

 

 

ビターテイストなブラウン×黒

黒のタートルニットにブラウンのタイトスカートを合わせた女性

出典: WEAR

ダークカラーだけれど優しい印象のブラウンは、黒で引き締めるのがおすすめ。タイトスカートを使った女っぽコーデも、ビターチョコレートのように甘さ控えめに着こなせますね。

 

黒のパーカーに黒スキニーを合わせて、ブラウンのコートを羽織った女性

出典: WEAR

カジュアルなフーディ―を、ブラウン×黒でシックにアップデート。ちょっぴり重く見えがちな配色だから、白を散りばめて軽やかさを演出してみて。

 

 

ベージュ×白がイマっぽい

ベージュのカーディガンに白のマキシスカートを合わせた女性

出典: WEAR

ベージュ×白のまろやか配色は、春に向けて注目度急上昇中!ゆるゆるっとルーズなシルエットで着こなすと、よりこなれた雰囲気に仕上がります。

 

ベージュのニットに白のニットパンツを合わせてベージュのボアコートを羽織った女性出典: WEAR

全体をベージュとホワイトでまとめたミルキーなラテカラーコーデ。濃いめブラウンのミニポシェットをトッピングすれば、配色を活かしながらコーデにメリハリを出すことができますよ。

 

 

小粋なアズーロ・エ・マローネ

ブルーのニットにブラウンのスカートを合わせた女性

出典: WEAR

アズーロ・エ・マローネは、イタリア語で空色と栗色の組み合わせのこと。寒色のブルーと暖かみのあるブラウンを合わせることで着こなしに奥ゆきが出せる、伝統的な洗練配色なんです。

 

モカブラウンのニットに薄色デニムを合わせて、ベージュのコートを羽織った女性出典: WEAR

淡いモカブラウンのリブニットと薄色デニムでも、アズーロ・エ・マローネは成立します。優しいトーンが、春待ちコーデにうってつけですね。

 

 

 

強めカラーは黒を合わせるとうまくいく

こっくりとしたマスタードイエローや、パッと目を引くレッドカラー。そんなインパクトのある色には、同じくらいの強さを持つ黒を合わせてあげると意外にコーデがまとまりやすいんですよ。

 

 

シックで華やかなマスタード×黒

黒ニットにマスタードイエローのタイトスカートを合わせた女性

出典: WEAR

コントラストが効いたマスタード×黒の配色は、とっても華やか。それでいてマスタードには原色のイエローにはない深みがあるから、大人っぽくまとめることが可能なんです。

 

黒のタートルニットにモノトーンのチェック柄パンツを合わせて、マスタードのコートを羽織った女性出典: ZOZOTOWN

ダークカラーを選びがちなアウターだからこそ、あえてマスタードイエローをチョイスして着こなしに彩りを添えるのも素敵♡黒いトップスでコーデをキュッと引き締めたら、白を含むチェック柄のボトムスで軽さを出すのがポイントですね。

 

 

赤×黒でおしゃれ上級者に

赤ニットに白インナーを仕込んで、黒スキニーを合わせた女性

出典: WEAR

ドラマティックなビビッドレッドのゆるニットを、黒スキニーでスポーティーに。強い色同士の配色ですが、セパレートカラーとして間に入れた白いカットソーがちょうどいいクッションになってくれています。

 

黒のハイネックニットにワインレッドの花柄スカートを合わせて、黒のボアアウターを羽織った女性

出典: WEAR

同じ赤でも、落ち着いたワインレッドのプリーツスカートなら、黒と合わせることでレディ要素がさらにUP!ハズしに羽織ったミリタリー風のライナーコートも黒を選んで、シックな甘辛MIXコーデに仕立てちゃいましょ。

 

 

 

濃い色は仲間同士でまとまりを出して

意外と組み合わせに悩みがちな濃いめカラー同士の配色。いつも無難に黒と合わせてきたけれど、たまには印象を変えたいと思ったときは、ぜひ同系色やテイストの似ているカラーでまとめてみて。それだけで、濃い色同士の組み合わせも一気に着こなしやすくなりますよ。

 

 

どちらも青を含むパープル×ネイビー

パープルのニットにネイビーのマリンパンツを合わせた女性

出典: WEAR

どちらも青を含むパープルとネイビーなら、濃いめのトーンで組み合わせてもケンカせずしっくり馴染んでくれます。ふわふわのモヘアニットと目の詰んだウール混のマリンパンツなど、素材感のギャップでメリハリを出すのもアリですね。

 

パープルのワンピースにネイビーのコートを羽織った女性

出典: WEAR

赤みの強いパープルとも、ネイビーは相性抜群。フレアシルエットのワンピースにたっぷりとしたガウンコートを羽織るだけで、しっとりとレディライクな着こなしが堪能できちゃいます。

 

 

アースカラー同士のグリーン×ブラウン

ブラウンのニットに黒スキニーを合わせて、グリーンベースのチェックコートを羽織った女性

出典: WEAR

深い森を思わせるグリーンのチェック柄コートには、こっくりとしたブラウンのニットを仕込んで。ともに自然界に多く見られるグリーンとブラウンも、合わせやすい濃色コンビと言えますよ。

 

ブラウンのニットにカーキのパンツを合わせた女性

出典: WEAR

代表的なアースカラーのカーキも、もちろんブラウンと相性バッチリ。色の割合が1:1でコーデが単調になりそうなときは、間に白をはさむセパレートカラーのテクニックが活躍してくれますね。

 

 

 

グレー×パステルが春待ちコーデにピッタリ

ダークカラーばっかりの冬コーデに何だかマンネリを感じたら、グレーとパステルカラーで春待ちコーデを組んでみるのはいかが?色合いを淡くするだけで、冬の着こなしも一気に春めいて見えちゃうんです♡

 

グレーのチェック柄ニットにパステルイエローのマキシスカートを合わせた女性

出典: WEAR

マスタード×黒の冬配色に白を足す感覚で、陽だまりのようにやわらかなイエローのマキシ丈スカートにグレーのニットを合わせてみて。オーバーサイズのゆるニットなら、パステルカラーのスカートも甘すぎず履けますね。

 

ボーダートップスにグレーのカーディガンを羽織って、水色デニムを合わせた女性

出典: WEAR

定番デニムも、春らしい薄色をチョイス。ざっくりとしたグレーのカーディガンのインナーをボーダーにしたり、白やシルバーの小物を添えることで、より軽やかな着こなしに仕上がります。

 

グレーのスウェットにピンクのチュールスカートを合わせた女性

出典: WEAR

桜の花びらのようなふわふわのチュールスカートを、グレーのスウェットでカジュアルダウン。キャップやナイロンバッグ、スニーカーなどスポーティーな黒小物なら、ピンクの甘さをセーブしつつ淡色コーデを引き締めることができますよ。

 

 

 

おしゃれ配色パターンで冬コーデを格上げしましょ

黒ニットと花柄スカートにコートの女性出典: WEAR

冬コーデをおしゃれに格上げできる配色パターン。コーデに迷ったときや時間のないときに、ぜひ試してみてくださいね♡

[記事公開日]2019.2.17 [最終更新日]2019.2.20

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS