華やぎを速攻チャージ!冬に履く花柄スカートがおしゃれなんです♪

冬コーデが「何だか地味…?」と感じたら、ぜひ花柄スカートを取り入れてみて。いつものニットも、花柄スカートに合わせるだけで即華やぎコーデに大変身しちゃうんです。ダークカラーに沈みがちな冬だからこそ、花柄スカートで着映えを叶えちゃいましょ♡

花柄スカートで冬コーデに華やぎをプラス!

グレーのざっくりニットに黒ベースの花柄スカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

華やかな印象の花柄スカートは、履くだけでコーデがキマる優秀アイテム。特にダークカラーが多くなりがちな冬は、着こなしに彩りを添えてくれる花柄スカートが大活躍してくれること間違いありません。ぜひあなたもワードローブに花柄スカートを取り入れて、華やぎ冬コーデを満喫しちゃいましょう。

 

 

 

ヴィンテージ感のある花柄スカートが履きやすい♡

2019冬も引き続き人気継続中のレトロテイスト。花柄スカートもふわふわとスウィートなものより、シックな配色や小花柄など、甘さ控えめのヴィンテージ感があるタイプの方がイマっぽく履きこなせそう。長め丈をチョイスすれば、いつもはパンツ派のカジュアル好きさんもトライしやすいですよ!

 

ベージュのビッグタートルニットに、ブラウンの花柄スカートを合わせた女性

出典: WEAR

グリーン一色でプリントされたレトロなフラワーモチーフが印象的なブラウンのロングスカートには、オーバーサイズのタートルニットを合わせてちょっぴりルーズに。コンパクトなニットでガーリーに着るよりも、グンとこなれて見せることができちゃいます。

 

白のトップスにベージュのカーディガンを合わせて、黒の花柄スカートを合わせた女性

出典: WEAR

黒ベースの小花柄なら、甘すぎずシックに履きこなせます。すとんと落ちる縦長シルエットのスカートは、ベルト付きのニットカーディガンなどでウエストマークしてあげるとコーデにメリハリが出せますね。

 

黒パーカーにベージュの花柄スカートを合わせた女性

出典: WEAR

いつもなら敬遠しがちな白やベージュなど淡色ベースの花柄スカートですが、ダークカラーが多くなる冬は着こなしに軽さを出すのにうってつけ♡茎や葉まで描かれたものなら、甘くなりすぎることなく履けるのでおすすめです。だぼっとしたスウェットパーカーにスニーカーで、カジュアルに着こなして!

 

黒ニットに黒ベースの花柄スカートを合わせて、デニムをレイヤードした女性

出典: ZOZOTOWN

裾のラインをイレヘムに調節できるヴィンテージフラワーモチーフのフレアスカート。黒タートルに1枚で合わせてレディライクに履いても素敵だけれど、ボトムスをレイヤードしてカジュアルダウンするのも◎ハンサムなウエスタンシューズを足元に添えて、とことんクールビューティーを極めてみるのはいかが?

 

 

 

 

華やかカラーの花柄スカートで冬コーデに彩りを

手っ取り早く冬コーデを盛りたいなら、ぜひきれい色の花柄スカートを投入してみて。鮮やかな色合いの花柄スカートにはなかなか手を出しにくいですが、いつものニットに合わせるだけでシンプルなワンツーコーデもグッと華やかに見違えちゃうんです。「なかなかコーデが決まらない!」なんてときこそ、花柄スカートでお手軽に着映えを叶えちゃいましょ。

 

ベージュのニットにイエローの花柄スカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

イエローベースの小花柄スカートで、季節感をちょっぴり先取り。ほわほわとやわらかく起毛したベージュのニットに合わせれば、真冬でも春の陽だまりのようなあたたかみのある着こなしが楽しめますよ。

 

グレーのタートルニットにピンクのスカーフ調の花柄スカートを合わせた女性

出典: WEAR

甘さが気になるピンクの花柄スカートも、クラシカルなスカーフ調のプリントなら大人っぽく履くことができそう。スカートの上品さを裏切るカジュアルな白スニーカーで足元に抜けを出してあげると、軽やかさが増しますね。

 

白ニットに赤の花柄スカートを合わせて、カーキのミリタリージャケットを羽織った女性

出典: WEAR

ビビッドな赤がパッと目を引く花柄スカートは、意外にもミリタリー色が強いカーキアイテムと相性抜群。マキシ丈をゆるニットにルーズに合わせて、コンバースやレザーバッグなど黒小物で辛口に寄せれば、メンズライク派さんの花柄スカートコーデが完成します♡

 

グレーのトップスにグリーンの花柄スカートを合わせて、ネイビーのダッフルコートを羽織った女性出典: ZOZOTOWN

ダークカラーのコートから裾をのぞかせるだけで、着こなしがグンと華やぐのがきれい色花柄スカートの強み。何だかいつも同じ印象になりがちなアウター前提の冬コーデだからこそ、花柄スカートを差し色に使ってマンネリを打破してみませんか?

 

 

 

素材感にもちょっぴりこだわって

ゴブラン織りやジャカード織りなど、織って模様を出した花柄スカートは、重厚感があってクラシカル。地厚の生地は季節感も抜群だから、冬コーデの格上げにうってつけなんです。一方で、あえて薄手の花柄スカートをざっくりニットなどに合わせて質感のギャップを楽しむ着こなしもかわいいですよ。

 

 

冬ならではの素材で季節感UP

黒ニットに黒のロングカーディガンを羽織って、ゴブラン織りのタイトスカートを合わせた女性

出典: WEAR

大輪の花を織り出したゴブラン織りのタイトスカートは、とっても華やか。あれこれとアイテムを盛るよりも、スカートが引き立つよう他のアイテムを潔く黒でまとめてシックに着こなすのがおすすめです。

 

白ニットにオレンジのジャカードの花柄スカートを合わせた女性

出典: WEAR

大人女子的に手を出しにくいフレアミニに、ジャカード織りの小花柄スカートで挑戦。重みのある素材だから、フレアシルエットでも広がりすぎないのが嬉しいところ。プリントとは異なる立体感のある織り柄も、大人っぽさを後押ししてくれますね。

 

 

あえての薄手素材で軽やかさを演出

グレーのニットにグリーンの透け感のある花柄スカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

透け感のある花柄スカートで、冬コーデに軽さを出すのも◎。ざっくりと太めの糸で編まれたニットとの質感のギャップが、奥ゆきのある着こなしを演出してくれるんです。足元をタイツ×ブーツで固めたり、レギンスなどボトムスをレイヤードすれば、寒々しい印象になるのを防げますよ。

 

黒パーカーに白レースの花柄スカートを合わせた女性

出典: WEAR

繊細なレース生地に花柄がプリントされたマキシスカートは、ルーズなサイジングのスウェットパーカーや太ヒールのショートブーツで甘辛MIX仕立てに。重たくなりがちな冬の着こなしに、軽やかに揺れるレースで春の予感をトッピングしちゃいましょう。

 

 

 

冬コーデに花柄スカートを効かせましょ♪

ピンクニットに花柄スカートコーデの女性出典: WEAR

冬の着こなしを、華やかに盛り上げてくれる花柄スカート。春になってからも使えるものがほとんどだから、ぜひお気に入りをGETしてとことん花柄スカートコーデを楽しんでくださいね。

[記事公開日]2019.2.02 [最終更新日]2019.2.05

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS