なぜ私が着ると部屋着っぽくなるの?旬のずるずるコーデの着こなし方が知りたい

ルーズなシルエットがこなれ感たっぷりのずるずるコーデ。この冬こそトライしてみたいけど、意外に着こなし方が難しい!ずるずるコーデを部屋着っぽく見せないためには一体どうしたらいいの!?そうお悩みのあなたに、3つのコツをこっそり伝授しちゃいます♡

冬のずるずるコーデ、どう着こなしたらいい?

オレンジのマキシ丈ワンピースに白のタートルネックニットをレイヤードして、黒のビッグシルエットのチェスターコートを羽織った女性

出典: WEAR

ゆるっとしたトップスやボリュームのあるボトムス、オーバーサイズのアウターなどを組み合わせてつくる冬のずるずるコーデ。リラックスムード満点のこなれた着こなし方だけれど、私が挑戦すると何だか部屋着っぽく見えちゃう…。素敵にずるずるコーデを着こなしているおしゃれさんと私、一体どこが違うの!?

 

 

 

部屋着ムードを払拭する配色テク

おしゃれな雰囲気をつくる重要な要素といえば、やっぱり配色。まとまりのない色づかいのずるずるコーデだと、「家にあった楽チン服をそのまま着てきたの?」と思われてしまうかも。おすすめなのは、部屋着ムードを感じさせないきれい色アイテムの投入と、計算されたおしゃれを印象付けるワントーン。ずるずるコーデを成功させたいなら、この配色テクをぜひ試してみて!

 

 

きれい色を効かせてコーデにメリハリを

s白のゆるニットに中綿ジャケットを羽織って、パープルのマキシスカートを合わせた女性

出典: WEAR

ケーブル編みのゆるっとしたドロップショルダーニットに、たっぷりとボリュームのあるマキシスカートをプラス。シックでありながら華もあるパープルをチョイスすれば、ルーズなシルエットでもほんのりきれいめに着こなせますね。

 

グレーのニットにグレーのチェック柄ワイドパンツを合わせて、オレンジのオーバーシルエットコートを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

アウターで鮮やかカラーを取り入れるのも、冬のずるずるコーデを素敵に見せるテクニック。みんなが無難な色を選びがちなアイテムだからこそ、あえてきれい色を投入することで部屋着っぽさを打ち消し、おしゃれな雰囲気を醸し出すことができるんです♡

 

 

「計算している」感を出す繊細ワントーン

ブラウンのスウェットにベージュのニットパンツを合わせた女性

出典: WEAR

オーバーサイズのスウェットにニットパンツを合わせたリラックスムード満点のずるずるコーデも、ワントーンならまとまりが出て洗練された着こなしに。ライトブラウンやホワイトに近いベージュなどカフェオレカラーのまろやかな配色で、しっとりと大人っぽく仕上げちゃいましょ。

 

黒のビッグタートルニットをマキシ丈の黒の花柄ワンピースにレイヤードした女性

出典: WEAR

マキシ丈の花柄ワンピースに、メンズサイズのローゲージタートルニットをレイヤード。色味の幅が少ない黒ならワントーンコーデに挑戦しやすい上に、ルーズなシルエットでもシックに寄せられるのが嬉しいポイント。柄アイテムを投入すれば、コーデが単調になるのも防げますね。

 

ブラウンのニットにベージュのワイドパンツを合わせて、ベージュのオーバーシルエットのコートを羽織った女性

出典: WEAR

ワイドパンツを使った着こなしに、まるみを帯びたコクーンシルエットのニットコートをラフに羽織って。バッグやシューズなどほとんどのアイテムのトーンをグレージュのコートとそろえる繊細な色づかいが、ずるずるコーデをとびきりエレガントに格上げしてくれます。

 

 

 

おしゃれさんは、素材にもこだわっていた!

おしゃれさんがこだわっているのは、色づかいだけではありません。ざっくりとしたニットやもこもこのボア、はかなく透けるレースなどアイテムの素材感にも着目しています。特にずるずるコーデは、似たような素材のアイテム同士だとのっぺりと平坦な印象に陥ってしまうから、質感の違うアイテムを重ねてコーデに奥ゆきを出すのがマストなんですよ。

 

ざっくりとした白ニットに白のシャツワンピをレイヤードして、ベージュのニットパンツを合わせた女性出典: WEAR

オーバーサイズのニットとニットパンツでずるずるコーデに仕立てるときは、ケーブルニット×リブニットなど編み方の種類やゲージが異なるアイテムを組み合わせてみて。ニット同士でも質感が違うから、着こなしにメリハリを出しやすいんです。間に布帛のシャツワンピをはさめば、より表情豊かな着こなしに♡

 

タートルニットにデニムと黒のレーススカートを合わせてブラウンのファーコートを羽織った女性

出典: WEAR

薄色デニムにファーコートをゆるっと羽織った着こなしに、レース素材のマキシスカートを重ねてボリュームたっぷりのシルエットに。繊細に透けるレースが、ずるずるコーデに軽さを出してくれます。ファーとレースというギャップのある素材を組み合わせるのも、コーデにニュアンスを出すポイントですね。

 

白のタートルニットにベロアワイドパンツを合わせて、ベージュのボアコートを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

たっぷりとした白ニットに、カーキのワイドパンツやベージュのノーカラーコートなど、アースカラーのアイテムを重ねたリラックスコーデ。このままでもこなれ感満点ですが、もこもこと起毛したボアや光沢のあるベロアなどリッチな冬素材をチョイスすれば、大人の遊び心が薫る着こなしにグレードアップできちゃいます。

 

 

 

手抜きに見せない小物づかいをマスターせよ

ついつい手を抜きがちだけれど、実は意外にあなどれないのが小物の力。おしゃれなずるずるコーデを完成させるには、小物を効かせるテクニックが欠かせません。ここでは、ベルトやシューズをずるずるコーデのポイントに使った着こなしをご紹介します♡

 

 

ベルトを使えばずるずるでもスタイルUP

白のタートルネックニットワンピにフレアデニムを合わせて、ベルトをした女性

出典: WEAR

ロング丈のニットワンピースに裾広がりのフレアデニムをレイヤードした着こなしは、ややもすると下半身にボリュームが出がち。でもベルトをアクセントに効かせることで、重心を引き上げることが可能なんです。

 

ニットワンピにベルトをしてリブニットワイドパンツを合わせてボアアウターを羽織った女性

出典: WEAR

重心UPのためのベルトづかいでは、実際のウエスト位置にこだわる必要はありません。オーバーサイズのアウターなどボリュームのあるアイテムを着る場合は、むしろ少し高めの位置でウエストマークした方が、スッキリとした印象に仕上げられますよ。

 

 

きれいめシューズでカジュアル感をセーブ

白のアランニットにブラウンのマキシ丈のスカートを合わせて、レオパード柄のローファーを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

ずるずるコーデを部屋着に見せないために、いつもはスニーカーの足元をきれいめシューズに換えてみるのもおすすめ。たとえばこんなレオパード柄のローファーで、ほんのりエッジを効かせてみるのはどう?カジュアルすぎず生真面目すぎない絶妙なバランスが、モードなデザインのアランニットを使った着こなしにピッタリです♡

 

ゆるニットに白パンツコーデの女性出典: WEAR

バレエシューズも手抜き感とは無縁に仕上げてくれます。ベージュニットと白パンツのニュアンスカラーコーデには、トーンの同じブラウン系シューズで揃えて。

 

 

 

冬もずるずるコーデを満喫しましょ♡

カーキシャツにニットパンツコーデの女性出典: WEAR

だぼっとルーズなシルエットが部屋着に見えがちなずるずるコーデ。でも、配色や素材感、小物づかいなどちょっとしたことに気を付けるだけで、シックにアップデートすることができちゃうんです。ぜひあなたもこの冬は、おしゃれなずるずるコーデにチャレンジしてみてくださいね!

[記事公開日]2019.1.31 [最終更新日]2019.2.03

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県