マスクで耳が痛いときの対策法&グッズ紹介!市販の商品で検証してみた

[記事公開日]2019.2.15
[最終更新日]2020.6.24

今や外出時には欠かせないマスク。しかしずっと着けてると耳が痛くなることもしばしば…。そこで、今家にあるマスクと輪ゴムでできる耳が痛いときの対策や、耳の痛みを和らげる便利グッズをご紹介!また、実際に市販のマスクを比較し、耳が痛くなりにくいマスクはどれか検証してみました!

マスクで耳が痛くならない対策&便利グッズを紹介!

マスク

「マスクを買ったはいいものの、着けてると耳が痛くなる…。でもムダにはしたくない!」
そんなときは、自宅で簡単にできる対策や、便利グッズを試してみましょう♪

 

簡単&手軽な対策はマスクに輪ゴムorクリップをつける方法

輪ゴムまたはクリップひとつあれば、マスクで耳が痛いときの対策ができます。

やり方は、マスクの左右の紐を輪ゴムまたはクリップでつなぎ、ヘアバンドのように後頭部にかけるだけ。耳にかけないので、耳へのストレスはゼロです!
とても簡単な方法なので、すぐにマネできるのが嬉しいですね!

 

通販や100均でも手に入る!耳の痛み対策グッズ

「輪ゴムやクリップだとマスクの締め付けがきつい、目立って恥ずかしい」という場合は、通販で買える便利グッズを利用しましょう。
マスクの耳ゴムに装着するイヤーフックやベルトがあり、頭の大きさに合わせて長さ調節もできます。

マスクの耳の痛み対策グッズ(1)シリコンイヤーフック

やわらかいシリコン製のイヤーフックをマスクの紐に通すだけで、耳を保護してくれます。耳にフィットする形で、耳の大きさに合わせてカットすることもできます。
シリコンイヤーフックを選ぶときは、耳への負担を軽くするために、シリコンかぶれのリスクが少ない安全性の高い素材や、軽量タイプのものを選ぶのがおすすめです。

マスクの耳の痛み対策グッズ(2)マスク用フックベルト

輪ゴムやクリップでの対策のように、頭に巻くような形で装着するフックベルトです。長さの調整機能が付いていて、頭の大きさに合わせてカットすることもできます。
フックベルトは耐久性が高いポリプロピレン(PP)素材で作られている製品が多く、繰り返し洗って使うこともできます。
黒や透明タイプだと目立ちにくいのでおすすめです。

また、ダイソーやセリアなどの100均ショップでも、オリジナルの対策グッズがあるようです。お得に手に入れたい人はぜひ探してみてくださいね!

 
 

耳が痛くならないマスクを選ぶ3つのポイント

長時間マスクを付けていると耳が痛むなら、マスクの選び方も見直してみましょう!
耳が痛くならないマスクを選ぶには、次の3つのポイントをおさえてください。
 

ポイント(1)耳にかけるゴムが柔らかいものを選ぶ

マスクで耳が痛くなるのは、耳にかけるゴムが耳にくい込んでしまうから。そのため、耳が痛くならないマスクを探すときは、耳ゴムの柔らかさに注目しましょう。
市販のマスクはゴムが柔らかものが多いですが、特に「ストレッチ性」や「ソフトタッチ」の記載があるマスクは、つけ心地が快適なんです!

 

ポイント(2)耳にかけるゴムの幅が広いものを選ぶ

次に、耳ゴムの太さに注目してみましょう。幅が広いと耳にかかる力が分散されるため、長時間マスクをつけていても耳が痛くなりにくくおすすめです♪

 

ポイント(3)サイズが合ったものを選ぶ

マスクのサイズが顔よりも小さければ、ゴムが伸びきってしまい耳にくい込みやすくなります。自分の顔に合ったサイズのマスクを選びましょう。
大きめ・普通・小さめ・子どもなど各メーカー様々なサイズ展開をしているため、あなたにぴったりのサイズを見つけてください!

 

耳が痛くなりにくいマスクを比較検証!6種類を比べてみた

今回は耳が痛くなりにくいとパッケージに記載のあるもの、マスクのゴムが広めのもの6つをチョイスし、それぞれ着けて比較をしてみました。

  • 三次元マスク
  • 超快適マスク
  • 大人の贅沢マスク
  • 超立体マスク
  • PITTA MASK
  • 快適ガードプロマスク

それでは、一つひとつ検証していきます。
 

(1)『PITTA MASK』

ゴム長さ:17.5cm/太さ:0.6cm
マスク幅:117mm(半分の状態)
特徴新ポリウレタン素材で、花粉の侵入を徹底ガード

PITTA MASKは伸縮性のある新ポリウレタン素材で作られており、洗って繰り返し使えるマスク。耳にかける部分もゴムというよりスポンジに近い感覚です。こちらも小包装になっています。

 

このマスクなら耳が痛くならないと思い、私はずっと使っていたので安心感があります。フカフカのスポンジに支えられている感覚が、なんともやさしいですよ。

 

(2)『超快適マスク』

ゴム長さ:17cm/太さ:2cm
マスク幅:175cm
特徴やわらかストレッチ耳かけでず~っと耳らくらく

本物シルク配合の 「シルクタッチフィルタ」と「やわらかストレッチ耳かけ」が特徴の超快適マスク。耳にかけるゴム部分がかなり太め!シルクが配合されているので、お肌へのダメージも少なそうですね。

 

ゴムは太いですがすこし伸びが悪いので、サイズが合わない場合は少し窮屈に感じるかもしれません。長時間は負担がかかりそうです。

 

(3)『超立体マスク』

ゴム長さ:18cm/太さ:1.5cm
マスク幅:70mm(半分の状態)
特徴口にはりつかず、息らくらく

超立体マスクは、顔に沿った形状でゴムが広めなのが特徴。この形は、リップがマスクに付きやすい人やフィット感を求める人におすすめです。

 

フィット感重視なマスクなだけあって、かなりピッタリです。引っ張られる感じがするので、長時間つけているのはキツそう。ただ、ゴムを少し伸ばしてから使うと良さそうでしたよ。

 

(4)『快適ガードマスク』

ゴム長さ:17cm/太さ:0.5cm
マスク幅:175mm
特徴耳が痛くないふんわり幅広耳ひも

このマスクは下の方にタックが入っているのと、鼻部分の内側にノーズクッションが入っているのが特徴。立体的な作りになっていてちょっと特殊な形です。こちらはゴム部分がやや太めになっていますよ。

 

鼻の部分に高さが出るので、ゴムの長さは十分にあるけど少し突っ張りを感じました。ゴムは伸縮性があるので、短時間であれば大丈夫そうです。

 

 

(5)『大人の贅沢マスク』

ゴム長さ:17.5cm/太さ:0.6cm
マスク幅:160cm
特徴かわいい女の贅沢マスク

大人の贅沢マスクはその名の通り、ちょっと贅沢なマスクで素材や形状・機能性にこだわっています。ゴムの幅が広めで素材もふわっとしていて柔らかいんです。なにより嬉しいのが小包装になっていること。衛生面を考えると、都度開けるタイプのほうがいいですよね。

 

耳にかけるゴムは伸縮性があって痛くない!手触りだけでなくマスク本体が柔らかいので、痛くなることはなかったですよ。ゴムの伸縮性がしっかりあって、しかも柔らかいので包み込まれるような感覚のマスク。半日ほどつけていても痛さは全然気にならなかったですよ♡

 

(6)『三次元マスク』

ゴム長さ:18cm/太さ:0.4cm
マスク幅:175cm
特徴新規やわらか耳ひも採用で耳が痛くない!

ふんわりタッチで長時間つけても痛くない、今までとは違う耳ひもが採用されています。鼻部分のワイヤーがしっかりしているので、鼻や頰の隙間ができにくい構造です。

 

ゴム部分は細めですが、平らなゴムではなく丸い形状になっているので痛みを感じにくかったです。ゴムは柔らかめですが、伸縮性があまりないので長時間着けていると段々耳が辛くなるかもしれません。

 

耳が痛くなるマスクをうまく活用して毎日を乗り切りましょう!

ドラッグストアでも品薄状態が続いているマスク。正直品質がいいか分からないまま買っているという人も多いですよね。
「知らないメーカーのマスクを買ったら耳が痛くなった…!」というときのために、イヤーフックやベルトの用意があると安心です。
ぜひあなたに合ったマスクを見つけて、ウイルスや風邪、花粉に悩まされるシーズンを乗り切りましょう!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事

宅食バナー