FASHION

2022.9.29

「結婚したい人は君じゃない」大学生の私は結婚なんて考えておらず…→慰めてくれたのは仲の良い男友達!<失恋から立ち直ったきっかけ>

あなたは辛い失恋を経験したことはありませんか? 大好きな人から振られてしまうと、なかなかすぐ立ち直るのは難しいですよね。 では、辛い失恋から立ち直ることができた方は、どのように乗り越えたのでしょうか? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    社会人の彼氏と別れた後

    大学生のとき、1年間付き合った彼に振られてしまいました。
    相手は社会人で遠距離だったため、会える時間はとても貴重。私にとって彼と一緒に過ごせる時間は、かけがえのないものでした。

    しかし、ある時彼が「〇〇のことは大好きだけど、結婚したい人とは違うんだ。結婚したいのは、〇〇とは逆のタイプの女性なんだと気づいた。」と言われてしまい…。
    私は当時まだ結婚は考えていませんでしたが、彼のことが大好きだったので好きなら付き合っていたいという思いで、しばらくお付き合いを続けました。

    しかしだんだん「本当に彼が求めているのは私みたいな人ではないんだ。」という事実が重たくのしかかるように。そうして、話し合い、別れることになりました。

    別れたことを信頼できる男友達に報告すると、遠方から慰めに駆けつけてくれ、飲みながら話を聞いてくれました。
    彼との別れの痛みはすぐ消えるわけではありませんでしたが、彼氏でもないのに、こんなにも自分のことを受け止めてくれる存在が、この世に居ることを知り、絶望的な心に一筋の希望が見えたのです。
    素晴らしい男友達の存在のおかげで、「次の恋がある」と思えたことが失恋から立ち直ったきっかけでした。
    (女性/専業主婦)

    とにかく仕事に打ち込んだ

    学生時代から付き合っていた彼女に、社会人1年目の時に振られてしまいました。
    明確な理由は聞けなかったのですが、私が彼女を縛り付けてしまっていたことが最大の原因だと考えます。

    学生時代はクラスも一緒で毎日顔をあわせていたので、振られた当初は彼女に会えないことが本当に辛く、何にもやる気が起きませんでした。
    新しい出会いを求める気にもなれなかった私は、とにかく仕事でスケジュールを埋め、可能な限り働くことを選択しました。

    幸い自分の好きなことを仕事にしていたので、働くことで気は紛れましたし、スキルアップすることに楽しさを感じることができたので、いつの間にか失恋から立ち直ることができました。

    現在は仕事先で妻と出会い、可愛い子ども2人にも恵まれて幸せな日々を送っています。

    (男性/自営業)


    新たな出会いや熱中できる何かが見つかると、失恋から立ち直りやすいのかもしれません。
    失恋して悩んでいるという方は、新たな一歩を踏み出せる勇気に繋がれば幸いです。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています

    他校の彼は別の女性に猛アタックしていた!?→友人が制裁してくれてスッキリ!<失恋から立ち直ったきっかけ>