FASHION

2022.9.08

「あちらのドリンク、早めに…あれ?」宴会にタキシードで出席→スタッフだと間違えられて赤面<ファッションで失敗した体験談>

あなたは普段ファッションに気を遣っていますか? もしかしたら、安易に考えた服装が原因で空回りしてしまう…なんてこともあるかも!? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    新卒で初めての飲み会…

    新卒で就職してから初めての飲み会。
    ある宴会に「フォーマルな服装で」とドレスコードが指定されていました。「ここはガチにフォーマルな格好で行こう!」とタキシードで出席したら、そこまでガチではなく、しかも料飲のスタッフがタキシード着用でした。
    そのため、完全に見た目がスタッフとなってしまい、スタッフの上役に、間違われて「あちらのドリンク、早めに…あれ?、すいません!」と言われてしまいました。
    同じ宴会に行く同性に事前に「どんな服装で行くか?」と根回ししておくことが必要と感じ、以降そのようにしています。

    (男性/自営業)

    企業の研修会で…

    グループ企業の集合研修会にて、「服装自由」と書いてあり夏場だったのでTシャツとハーフパンツで参加しました。
    周りを見渡すとみんなスーツなので何事かと思いましたが、その研修会は社長肝いりで開催されたもので、私を除いたみんなはスーツで参加していました。
    肩身の狭い思いをした上に、社長が挨拶する際に私をちらりと見ながら挨拶を…。
    それ以降「服装自由」と書かれても信じないぞと思いました(笑)

    (男性/会社員)


    TPOに合わせた服装に迷ってしまう方は少なくないでしょう。
    失敗しない服選びを心掛けたいですね。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています。

    ママ友「ホテルランチだからデニムはやめておいた〜」久しぶりのホテルランチにお気に入りの服装で参加→逆に”着飾った服装”の方が浮いて安心…<ファッションでの体験談>