FASHION

2022.9.06

彼と絶景を楽しむつもりが…→予定になかった登山で、場違いな格好の私は白い目で見られることに…。<ファッションで失敗した体験談>

あなたはファッションにまつわる失敗をしたことはありませんか? 「場違いなファッションをしてしまった!」「ファッションのせいで目立ってしまった…!」など恥ずかしい思いをしたことがある方は少なくないのでは? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    絶景を楽しむ予定が…


    出典:lamire

    数年前の真夏の日、当時の彼氏と東北地方にある山へ車で行けるところまでドライブをし、絶景を楽しむ予定でした。
    その日の私のファッションは、タンクトップ、ショートパンツ、5センチほどの高さのサンダルでした。

    2人とも全く登山などするつもりはなかったのですが、あまりにも素敵な絶景に、少しだけ登山してみるか!ということに。
    私は、先ほどの格好でペットボトルとスマホを片手ずつに持ち、急な登り階段を登ります。

    周囲には長袖長ズボンに身を包み、大きなリュックに鈴をつけた方が多数いました。
    熊に注意!蜂に注意!落石注意!という看板があちこちにありました。
    登山客の方々からは、私の肌を露出した格好に白い目で見られました(笑)
    (女性/介護職員)

    1人海外旅行で

    仕事でバンコクに行ったときの話。海外に1人で行くのは初めてでした。

    久々の海外でタイの季節を調べることもなく、日本との同じ季節の感覚で洋服を持参した結果、常夏のバンコクに分厚いセーターで過ごすことに…。
    現地で待ち合わせた上司には、なぜ冬服なのか笑われ、最小の荷物で行ったためセーター以外は持参しておらず…。

    外に出るどころかホテルの朝食ブッフェを食べに行くのも恥ずかしく、ホテルの近くには手軽に買える洋服屋さんもなく、夏服をゲットするまで本当に恥ずかしかったです。
    まだまだ若かったので、今となっては笑い話です。

    (女性/パート)


    目的地の気候や環境について事前に調べておかないと、こういった失敗があるようです。
    全力で楽しむためにも、事前に気候などはチェックしておきたいですね。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています。

    ママ友「ホテルランチだからデニムはやめておいた〜」久しぶりのホテルランチにお気に入りの服装で参加→逆に”着飾った服装”の方が浮いて安心…<ファッションでの体験談>