スウェットとは?トレーナー・ジャージとの違いは“生地”と“織り方”!

[記事公開日]2016.12.26
[最終更新日]2020.4.20

スウェットとはどんな意味?トレーナーやジャージとの違いは一体…?スウェットとは生地の種類なので、トレーナーやジャージとはちょっと違うんです。今回はスウェットについて気になるポイントを、おしゃれなスウェットコーディネートと合わせて解説していきます!

スウェットとはどんな意味?トレーナーと何が違うの?

スウェットとトレーナーの違いについて、疑問に思ったことがある方も多いのではないでしょうか?名前は違えど見た目に違いは見られないふたつに、違いはあるのでしょうか?

 

チャンピオンの刺繍ロゴが入った黒のスウェットトップスの画像出典: ZOZOTOWN

実は、スウェットとトレーナーはまったく同じものを指しています。そもそも「スウェット」とは衣類の種類ではなく、生地の名前!一方「トレーナー」とはあくまで呼び名で、正式には「スウェットシャツ」といいます。つまり「スウェット」は生地、「トレーナー」はスウェットを使った衣類の呼び名なんですね。意味する服としては同じなんです。

ではスウェットとはどんな生地?というと、綿をジャージー織りにしたニット生地です。ニット生地と聞くと、柔らかで頑丈でなさそうなイメージがあると思いますが、そんなことはありません。ジャージー織りとは、細かくて丈夫で、伸縮性のある織り方のこと。そのため私たちが知っているような、ニットのイメージとは違う、頑丈なスウェット生地が出来上がるんです。

 

黒のジャージ生地を伸ばしている様子出典: Amazon

ジャージーと聞くと思い浮かぶものがあるのではないでしょうか?そう、ジャージです!このジャージー織りは、その伸縮性の高さからトレーニングウェアに使われることが多い織り方。そのため日本では、運動着の代表であるジャージを、この織り方からちなんで呼んでいるのです。

 

 

 

スウェットとジャージはどんな違いから選ぶの?

スウェット生地とジャージには意外な共通点がありました!では、このふたつにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

黒のジャージ上着

出典: Amazon

ふたつの共通点はジャージー織りという織り方。違いは使っている生地にあります。スウェットの語源は、汗という意味の「Sweat」。そこから分かるのが、スウェットは汗をよく吸う生地だということ。つまり、ジャージー織りのなかでもより汗を吸うものを、スウェットと呼ぶんです。素材の綿を、汗を吸収しやすいように起毛させているんだそうですよ!ジャージは汗を乾かすのが早い素材ですが、スウェットは汗を吸ってくれる素材なんですね!

したがって、汗をより多くかく運動には、乾きやすいジャージの方が向いているということなんですね!ではスウェッットの良さは?といったら、ジャージより優れた温かさなんです!どちらを選ぶか迷った時は、こんな違いに注目して見てくださいね♪

 

 

 

スウェットの生地は2種類あるって知ってた?

さて、そんな伸縮性があって温かいスウェット生地ですが、スウェット生地の中にもさらにふたつの仕立ての種類があるんです。着心地や温かさの違うふたつの仕立てを知っておくと、選ぶときに役立ちますよ♪

 

スウェットの裏毛出典: ZOZOTOWN

ひとつめは「裏毛(ウラケ)」。裏側がタオルのように、ちょっと太めの糸で粗めに織られた状態のことです。くるくると織り目がついているのが特徴的ですね!私たちがスウェットといわれてすぐイメージするのがこの「裏毛」ではないでしょうか。裏毛の特徴は肌触りが優しいこと。タオルのように、肌に直接当たっても柔かなんです。そして保温性が優れていること。軽いのに、汗を程よく吸収して程よく発散し、さらに保温もしてくれます。普段あまり意識せずに着ていた生地ですが、とっても高機能なんですね◎

 

スウェットの種類の一つの裏起毛になったスウェットパーカーのイメージ画像出典: ZOZOTOWN

そしてふたつ目は「裏起毛」です。裏面を羽毛出たせることで、まるでわたのような、ふんわり柔らかな生地に仕上げます。裏毛よりもさらに高い保温性を持ち、真冬でも温かいくらいです♪それでいて吸湿性もあるのが魅力。肌触りも抜群です。

 

 

 

意外と知らない、おしゃれスウェットを着こなしたい♡

スウェットという生地についてと、素材の違いについて分かったところで、可愛いスウェット服もついでにチェックしちゃいましょう!スウェット選びにぜひ役立ててください◎スウェットをぜひ手に入れたい!というレディースも、着こなしを知りたい!というレディースも、ぜひ参考に♪

 

グレーのロゴスウェットパーカーに小花柄ロングスカートのレディースコーディネート出典: WEAR

スウェット生地のトレーナーを、ガーリーな花柄スカートと合わせたレディースコーディネート。ロゴ付きのベーシックカラーなスウェットは、運動にはもちろん、こういったおしゃれ着にも大活躍してくれます◎こちらは甘さを程よくミックスした着こなしで、スウェットを女の子らしく着るお手本的コーディネートですね♪

 

グレーのスウェットパンツにベージュのトレンチコートのレディースコーディネート出典: WEAR

スウェットパンツにデニムジャケットとトレンチコートを合わせたレディースコーディネート。部屋着感が出てしまいがちなスウェットパンツは、かちっと目のトレンチコートでこんなにも違和感なくおしゃれになるんです!大定番はやっぱりグレーですが、デニム風のデザインや紺のスウェットパンツもありますので、自分のお気に入りを見つけてみてくださいね♪

 

ベージュのスウェットにベージュプリーツスカートを合わせたレディースコーディネート出典: WEAR

スウェットのカラーとリンクさせてセットアップ風に着こなしたレディースコーデです。スウェットといえばストリート系やナチュラル系、かっこいい系がイメージしやすいですが、スカートなら甘めコーディネートも!セットアップ風なのにオフィシャル感の出すぎない、近づきやすい甘めな着こなしが出来上がっているのは、スウェット生地のおけげです♡小物次第でコーディネートのイメージを自由に操れるのも魅力のひとつ♪

 

グレーのスウェットトップスにスウェットスカートを合わせたレディースコーディネート出典: WEAR

スウェットスカートにスウェットトップスを合わせたレディースコーディネートです。スウェット生地ならではの優しい感じがコーディネート全体にも現れていますね◎軽い割に温かく、動きやすいので、徒歩でのお出かけにもぴったり!ベーシックな着こなしに収まりたくないなら、画像の方のように柄物のアイテムを足すと◎

この記事もチェック

 

ブラウンのスウェットワンピースにアイボリーのレギンスを合わせたレディースコーディネート出典: WEAR

スウェット生地のワンピースを一枚でさらっと着たレディースコーディネート。抜け感のある靴を合わせて足元を軽く仕上げることで、着膨れも防止できています◎大きめシルエットで体系カバーも!スウェットワンピースを買うならカーキやベージュなど、こなれ感のあるアースカラーを買うと重くなりすぎず、合わせやすいですよ♡

この記事もチェック

 

グレーのチャンピオンロゴスウェットに赤スニーカーのレディースコーディネート出典: WEAR

スポーツブランドもののスウェットは見逃せません!チャンピオンやアディダス、ナイキなど、今ではアパレルでもよく見かけるスポーツブランドのアイテム。一枚で存在感のあるアイテムなので、コーディネートのマンネリ化を防いでくれたり、トレンド感も加えてくれますよ♪こちらはチャンピオンのスウェットトレーナーと、白のニット帽・赤のスニーカーでスポーティに仕上げたレディースコーデですね。

この記事もチェック

 

 

 

スウェットの意味や特徴に関してはばっちり!

グレーブラウンのスウェットを着た女性の画像出典: ZOZOTOWN

スウェットとはどんな意味なのか、トレーナーやジャージとの違いと合わせて解説しましたがいかがでしたか?スウェットってこんなものなんだ!と、理解していただけたのではないでしょうか♪これでスウェットを選ぶとき、着るとき、誰かに聞かれたときもばっちりですね!

この記事もチェック

PICK UP

ファッションのピックアップ記事