2022.5.06

注意すべきことは…?【誕生日占い】“エンジェルナンバー33”の人が「五月病になる理由」

疲れが溜まりやすいときや落ち込みやすいときは、誰でもあるものですよね。そこで、誕生数秘学ティーチャーの花織さんによる、「エンジェルナンバー33の人」が注意すべき点や五月病になる理由をご説明します。ぜひ、最後までチェックしてください。

エンジェルナンバーの計算方法を解説

エンジェルナンバーの出し方は、生年月日で計算をしてください。
1989年10月22日生まれの人なら、このように計算をします。
(11、22、33になるときは、それがエンジェルナンバーとなります。)

1+9+8+9+1+0+2+2=32
3+2=5

この計算の場合は、エンジェルナンバー5となります。

情報過多で心が痛むかも

エンジェルナンバー33の人は、会話の裏側に隠れている本心を見抜く力があるのだとか。
そのため、相手が欲しい言葉を伝えらえるのではないでしょうか。

相手のネガティブな思いもそのまま受け取ってしまうと、心が疲れてしまう原因になるとのこと。
新年度がスタートした時期は、プラスな情報もマイナスな情報も多いはず。

受け取る感情が多い分、疲れやすくなる時期だと認識しておくと、少し気が楽になるかもしれませんよ。

コミュニケーションエラーで心労が加速

人の本心を推測できるエンジェルナンバー33の人ですが、自分の気持ちを伝えるのは苦手なのではありませんか。
伝えたい内容とは違う意味で受け取られてしまい、コミュニケーションエラーが発生することも多そう。

理解してもらえないことを気にしすぎてしまうと余計に疲れてしまうかも。
「そんなときもある」と踏ん切りをつけておくと、気持ちの整理がしやすいとのこと。

《2022年上半期》まとめてチェック!「恋愛運・金運・仕事運」が急上昇する人ランキング