忙しくてもできる!【脚痩せ】に効くツボを刺激して憎きむくみにサヨナラ

[記事公開日]2017.9.02
[最終更新日]2019.3.14

忙しい毎日の中でふと鏡を見ると脚がパンパン。どうにかしないとと思いつつ忙しさを言い訳にしてそのままにしている人も多いのでは?今回は忙しいあなたの為に、毎日続けられる脚痩せ効果に繋がるツボをご紹介!いざ、憎きむくみと勝負なり!

 

むくみは女の敵である!

毎日のヒールにハードワーク…。溜まりに溜まった疲れはむくみになりそのうち凝り固まったセルライトへと変化します。そうなる前に、いまこそ憎き”むくみ”と向き合い戦おうじゃないですか!ということで今回は、憧れの美脚に繋がる脚ツボをご紹介♡もう、脚パンパンなんて言わせない!

 

脚のツボを抑えて、厄介なむくみとさよなら!

脚痩せのツボは、痩せたい部位によって刺激する場所が異なります。足首・ふくらはぎ・太ももの3つに絞って紹介するので、気になる部位をチェックしてみてくださいね。

 

足首痩せは2つのツボをダブルで刺激すべし!

解谿(かいけい)

解谿は、足首正面真ん中にあるツボ。老廃物が溜まりやすい足首は、こまめに刺激することが大切。代謝や結構促進に効果があり、続けることが足首痩せに繋がっていきます!

太谿(たいけい)

解谿を刺激する際に合わせて押してほしいのが、内側のくるぶしすぐ後ろにある太谿。解谿・太谿ともに拳をグーにして第二関節部分で押すと、より強い刺激を与えることができるのでGOOD◎


ふくらはぎ痩せは脚裏4つのツボがポイント!

第二の心臓とも言われるふくらはぎは、最もむくみやすい部分。ツボを下から刺激するのがポイントです!溜まっていた脚の疲れが解消し、パンパンにむくんで気だるさを感じていた足もスッキリしちゃいますよ♡

委中(いちゅう)

膝の裏側中央にあるツボ。委中もリンパや老廃物が溜まりやすい場所になるので、時間をかけて刺激を与えるのがおすすめ◎

承山(しょうざん)

足首と委中の丁度中間にあるツボ。ふくらはぎのふっくらとした筋肉の丁度下に位置しています。承筋・承間・承山は両手の親指を使って押すとより強い力で押すことができますよ!

承間(しょうかん)

承筋と承山の真ん中にあるツボが承間です。見つけづらいかもしれませんが、承山から少しずつ指を上にずらしていき、痛い箇所を探してみてくださいね。

承筋(しょうきん)

委中と承間の間にあるツボ。紹介した4つのツボを下から順に刺激するようにしましょう!パンパンにむくんだふくらはぎを卒業する為には、左右どちらも行うことを忘れちゃダメですよ♡


太もも痩せは代謝がアップする無名穴を刺激!

無名穴(むめいけつ)

太もも痩せは、内ももの丁度中央にある無名穴を押しましょう!場所は人によって異なりますが、中央付近を押してみて痛気持ちいいと感じる場所が無名穴です。刺激を与えることで血行が促進され、太もものむくみが解消されます。

 

脚のツボを押すときのポイント

リンパを上に流すイメージで、足首→太ももの順番に押す!

夕方になると足がむくみ靴がきつくなるのは、一日の生活の中で老廃物が下に流れてしまうから。なので、溜まってしまった老廃物を上半身に戻すイメージで、ツボを押す際には下から上に押すことが大切◎

 

時間は、お風呂に浸かりながらがベスト!

ツボを押す時間はいつがベストなの?と気になるあなた。夜余裕があるならば、お風呂に浸かりながら押すのがベスト!忙しい日々の中で毎日は難しくても、週に何度か入浴する習慣をつくってみるといいかも♡温まった状態で行う脚ツボは気持ちよさが違うし、デトックス効果がUPしますよ〜!

 

脚痩せにツボもプラスしてみて♡

毎日脚のツボを刺激することを継続することで、悩んでいたむくみはきっと解消するはず!その日の疲れはその日のうちにとって、明日をスッキリ脚で迎えましょう♡あなたの脚痩せにツボもプラスしてみてくださいね!

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事