定番だからって安心は禁物!ダサくないキャップのかぶり方を学ぼう♡

[記事公開日]2017.9.02
[最終更新日]2017.10.31

みんなが持っているキャップ。だけど実はちょっとしたトレンドがある上に、一歩間違うとあか抜けない…なんて落とし穴があるんです!lamire編集部がそんなあなたを救出しましょう!ちょっとしたポイントですぐに大人女子らしいこなれ感を出せますよ♪

 

定番アイテムのキャップかぶりこなせてる?

おしゃれしたい日はもちろん、ちょっと手を抜きたい日にも助けてくれるキャップ。ガーリーコーデにも辛さをプラスしてくれる、今じゃ欠かせないアイテムですよね!しかし街中にはあれ?うまくかぶれてる?とおブスの危険信号が出ている人も!これを読んでサイズ感やかぶり方をしっかり抑えればあなたのコーデをきっと華やかにしてくれるはず♡

 

そこのあなた!おブスなかぶり方してない?

あなたは心あたりありませんか?

・髪型崩したくないし…と髪を出しすぎ。前髪も中途半端。
・深くかぶりすぎてなんか不審者?
・やんちゃな少年?って横かぶりはないでしょ〜
・後ろかぶりってストリート感強すぎない?

などなど…慣れてなさが伝わる帽子のプラスアイテムって案外浮くので要注意!コーデに合う合わないはもちろん、かぶり方をマスターしなければおしゃれへの道は遠いのです。

 

そのキャップもしかしておブスじゃない!?

キャップって実は少しずつトレンドが変わるんです。何年か前に買ったキャップ、まだかぶってますか?もちろん長年使えるベーシックなものもありますが、ちょっと時代遅れのものは安易におブスコーデに見えちゃいますよ…!今のトレンド感と使いやすさを抑えたキャップ選びのコツを伝授します♡

 

つばが丸く横幅が広すぎないものが◎

少し前にストリートファッションでトレンドになっていた、つばがまっすぐなベースボールキャップはもう古い!?最近は6パネルでつばが丸いものが主流♪お父さんがかぶっていたようなイメージもありますが…流行は回るんです!女性は特にフロントが高すぎず、つばも長すぎないものをチョイスして♪

 

後ろが調節できるものが初心者にはおすすめ

頭周りの長さを知ることはとっても重要ですが、それでも女性はヘアアレンジなどでちょっとした調整ができるとすごく助かりますよね♡なので後ろが調節できるアジャスター付きを選ぶのがベター!

 

使いやすい黒からゲット!

たくさんキャップを持っていて使用頻度が明らかに高いのは黒!シンプルでどんな服装にも合いそうなものをひとつゲットしておけば間違いありません。他はネイビーやベージュなど、肌や髪の色に馴染むカラーをチョイスすればOK♡

 

キャップのかぶり方をマスターして脱おブス♡

先に言うと難しいことは何もありません!キャップの選び方に手を抜かなければ、ちょっとしたポイントと髪の出し方であか抜けた印象を与えられますよ♡

 

前髪をインしてこなれ度アップ

つばが丸く、顔の輪郭を強調するようなキャップは、髪の毛を隠しすぎても出しすぎもNG。片耳だけ髪をかけてもう片方は自然に下ろすくらいがちょうどいい感じ♡前髪を隠すとこれだけでスッキリした印象に。

 

前髪出したいさんは浅かぶり!

キャップを少し後ろに倒して浅めにかぶるのがおしゃれ見え!眉上バングの人にもおすすめです。この時注意なのは高さがあるキャップで浅かぶりをするとキャップが浮いて頭が大きく見えちゃうので深さのないキャップを選ぶこと♪

 

クールに見せたいなら深めに!

少しアジャスタを緩めて深めにかぶると髪が広がることなくかぶれます。サイドの髪はスッキリと耳にかけることでクールに見せれますよ♪

 

大人カジュアルなら断然ルーズなまとめ髪!

カジュアルにも大人目コーデのハズしにもピッタリハマるのはまとめ髪とキャップの組み合わせ。ルーズに結んだ髪にはおくれ毛で女性らしさをプラスするのがポイントです!

 

キャップが似合うおしゃれ女子めざそ♡

いつでも身近にあるキャップは定番にもトレンドにも寄り添ってくれ、更にトレンド気分を盛り上げてくれるもの。素材感や色味でも雰囲気はグッと変わります!キャップのダサくないかぶり方さえマスターすれば怖いものは何もないはず♡あなたのコーデでも輝かせてみて♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事