「諭す」=「ゆす」…?社会人なら知っておきたい《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.5.28

「諭す」=「ゆす」…?一見簡単そうなのに読めない漢字はたくさんありますよね。しかし、中には読めないと恥ずかしい思いをする漢字も…!今回は社会人なら覚えておきたい難読漢字をご紹介していきますよ♡

(1)「慮る」

まずご紹介していくのは「慮る」という漢字です。この漢字、なんと読むか分かりますか?かなり難しいですが、「りょる」ではありませんよ!これは読みが長いので、答えをみてビックリしてしまうかも!では正解を確認していきましょう。この「慮る」という漢字は「おもんぱかる」と読むんですよ!「慮る」には、「よくよく考える」「はかりごとを立てる」などの意味があります。難しい漢字ですが、読めないと恥ずかしい思いをしてしまうことも。知らなかった人は覚えてみてくださいね…!

(2)「諭す」

「諭す」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「ゆす」ではありませんよ!これも読めないと恥ずかしい思いをしてしまうかも。では正解を確認していきましょう。この「諭す」という漢字は「さとす」と読みますよ。「諭す」とは「ものごとの道理をよく言い聞かせて分からせること」を意味しています。「分かりやすく伝える」ことが目的なので、「叱る」とは意味が異なります。

(3)「嘲る」

「嘲る」という漢字はなんと読むと思いますか?この漢字は「しょうる」ではありませんよ!それでは正解を確認していきましょう。この「嘲る」という漢字は「あざける」と読みますよ。「嘲る」とは「見下して悪口を言う」「バカにして笑う」などの意味があります。

(4)「憤る」

「憤る」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「いきどおる」と読みます。これは「恨み」「怒り」などの気持ちを持つことを意味していますよ。言葉は聞いたことがある人も多いはず。正しく読めるように覚えてみてくださいね。

難読漢字、いくつ読めた?

今回紹介した難読漢字はどれも難しいものばかりでしたよね…!読めなかった漢字も、いざというときに恥ずかしい思いをしないよう覚えてみてくださいね!

「束子」=たばこじゃないよ!読めそうで読めない【難読漢字】

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事