難しい漢字所望

「所望」=「しょぼう」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.5.14

「所望」=「しょぼう」…?よく知っている漢字同士でも、組み合わせが変わるとまったく読み方もわからなくなりますよね…!今回はそんな漢字の中でも、読めたらすごい!というものをご紹介していきますよ♡あなたはいくつ読めるかな?

(1)「所望」

まずご紹介していくのは「所望」という漢字です。この漢字、正しい読み方はなんだか分かりますか?一見簡単そうに見えますが、「しょぼう」ではないんです!それでは正解の読み方をご紹介していきますよ。この「所望」という漢字は「しょもう」と読みます。「所望」とは「望みとするもの」などの意味合いがありますよ。意味はなんとなく分かっていた人も多いのではないでしょうか。そんな漢字でも、正しく読めないと恥ずかしい思いをしてしまうので覚えてみて♪

(2)「灌漑」

「灌漑」という漢字はなんて読むのが正しいと思いますか?これは学生のころの授業などで一度は聞いたことがあるのではないでしょうか…!さて、いったいどんな言葉なのでしょう。それでは正解発表をしていきます。この「灌漑」という漢字は「かんがい」と読みますよ。「灌漑」とは水路を作って田畑に必要な水を引いて、土地を潤すこと」を意味しています。どうですか?聞いたことがあったのではないでしょうか♪

(3)「沙汰」

「沙汰」という漢字はなんて読むか分かりますか?これは「さた」と読むんです。どんな意味の言葉かというと「善悪・理非を見分けて決めること」「人々の口にのぼるような行為」などを意味しています。よく、「正気の沙汰ではない!」などという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。一見簡単そうですが、読めない人が多い漢字なんです。

(4)「罹災」

「罹災」という漢字はなんて読むか分かりますか?これも簡単そうに見えますが、実は正しく読める人が少ない漢字なんです。それでは正解を確認していきますよ。この「罹災」という漢字は「りさい」と読みます。これは「災害を受けること」を意味していますよ。身近な言葉だと「被災」になりますね。

難読漢字、いくつ読めた?

今回紹介した漢字には、生活に馴染みのある言葉からまったく知らないものまであったのではないでしょうか。生活に身近な漢字だけでも、ぜひこれを機に覚えてみてくださいね。

「希う」=きうじゃないよ!読めそうで読めない【難読漢字クイズまとめ】

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事