難しい漢字倩

「倩」って何て読む…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.5.14

「倩」という漢字はなんて読む…!?一見簡単そうな漢字でも、正しく読むとなると難しい!今回はそんな漢字をご紹介していくので、いくつ読めるかチェックしてみてくださいね。

(1)「倩」

冒頭でもご紹介した「倩」という漢字、なんて読むか分かりますか?なんとなく見たことがある漢字でも、いざ読むとなると難しいですよね…!この漢字の読みとなっているものは会話の中でもよく登場する言葉なんです。さて、それはいったい何でしょうか…!それでは正解を確認していきますよ。この「倩」という漢字は「つらつら」と読みます。つらつらとは「念をいれてものごとを考えたり、見たりするさま」を意味しています。どうですか?意外と知っている言葉なのに、漢字になると分かりませんよね!

(2)「睫毛」

「睫毛」という漢字はなんて読むと思いますか?この漢字の読みとなるものは、人間なら誰しも持っているものです!さて、それはいったい何でしょう♪目のあたりにあるものですよ!もう分かった人もいるのではないでしょうか。それでは正解をご紹介していきます。この「睫毛」という漢字は「まつげ」と読みますよ!まつげはもうなんだか分かりますよね。そんな身近なものなのに、漢字はこんなにも難しいんです!

(3)「髻」

「髻」という漢字はなんて読むと思いますか?これはまったく分かりませんよね…!それでは読み方をさっそく確認していきます。この「髻」という漢字は「もとどり」と読みますよ。髪の毛を頭の上に束ねた場所を示しています。「たぶさ」とも言われますよ。今は見ることがない髪型ですが、読みを知っていると役に立つかも。

(4)「項」

「項」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字が表すものも人間なら誰しも持っているものです!さて、いったい何でしょうか。それでは正解発表です。この「項」という漢字の読みは「うなじ」。なんだか分かりましたね!「項」は首の後ろの部分を指していますよ。

難読漢字、いくつ読めた?

今回紹介した難読漢字はいくつ読むことができましたか?どれも難しいものばかりでしたが、自分に身近なものだけでもぜひ覚えてみてくださいね♡

「希う」=きうじゃないよ!読めそうで読めない【難読漢字クイズまとめ】

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事