「微塵」=「びちり」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.5.11

漢字には簡単なものから難しいものまでいろいろありますが、その中でもとくに読めたらすごい!というものがあります。今回はそんな漢字も読めるデキる人になるべく、読めたらすごい難読漢字をご紹介していきますよ。

(1)「微塵」

まずご紹介する漢字はこれ!「微塵」という漢字です。この漢字、なんて読むか分かりますか?中には「びちり」なんて読み方をした人もいるのではないでしょうか…!ですが「びちり」ではありません。みなさんも日常会話の中でよく使っている言葉ですよ!それでは正解を確認していきましょう。この「微塵」という漢字は「みじん」と読みます。どうですか?意外と身近な言葉でしたよね。「微塵」は「みじんぎり」などにも使われる言葉と同じ、「こまかい」などの意味を表しています。

(2)「熨斗」

「熨斗」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字、なんだかとっても難しそうですよね…!ではなんて読むのか正解を確認していきましょう。「熨斗」という漢字は「のし」と読むんですよ♡「熨斗」とは包装などの上にはる紙のことです。よく、贈り物などを購入したときに「のしをおかけしますか?」なんて聞かれることはありませんか?これは冠婚葬祭などにもかかわってくるマナーなので、どんなものなのかよく覚えておきましょう!

(3)「亀卜」

「亀卜」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「かめと」ではありませんよ…!「卜」というのも、実は漢字なんです!それでは読み方をご紹介していきますよ。この「亀卜」という漢字は「きぼく」と読みます。「亀卜」とは「カメの甲羅を焼いて割れた目を見て占うもの」なんです。

(4)「歪曲」

「歪曲」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「わいきょく」と読みます。「歪曲」とは「ゆがめ曲げること」を意味していますよ。会話などでも見かける機会があるのではないでしょうか。この漢字も正しく読めるとまわりと差がつくかも♪「わんきょく」と読まないように気を付けて!

難読漢字、覚えちゃお♡

今回紹介した漢字はどれも読めるようにしておくとハナタカさんになれますよ♡読み方を知らなかった漢字は、これを機にぜひ覚えてみてくださいね…!

「希う」=きうじゃないよ!読めそうで読めない【難読漢字クイズまとめ】

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事