難しい漢字塔頭

「塔頭」=「とうとう」じゃないよ!意外と読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.5.06

漢字はカンタンなものから難しいものまであって、全部を覚えるのはほぼ不可能ですよね…!今回はそんな漢字の中でも、意外と読めない難読漢字をご紹介。これが読める人はかなりハナタカですよ♡

「塔頭」

まずご紹介するのは「塔頭」という漢字です。この漢字、何て読むか分かりますか?一見カンタンそうに見える漢字ですが、意外と正しく読める人は少ないんです!では正解をチェックしていきますよ♪この「塔頭」という漢字は「たっちゅう」と読みます。「塔頭」とは禅宗で高僧の塔があるところや本寺の境内にある脇寺のことを表しています。意外と触れる機会があるかもしれないので、覚えておくといいですよ♡

「化現」

「化現」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「けげん」と読み、神様や仏様が姿を変えてこの世にあらわれることを意味しています。こちらも仏教用語として知られているものですね。「かげん」と読んでしまう人も多いので、正しく読めるように覚えておきましょう♡これもサラッと読めたらとってもかっこいいですよ!

「肉刺」

「肉刺」という漢字はなんて読むと思いますか?この漢字は「にくさし」ではありませんよ…!では正しくは何と読むのでしょうか。分かりましたか?それでは正解を確認していきましょう!この「肉刺」という漢字は「まめ」と読みます。皮膚などにできる水ぶくれのことを表していますよ。刺されるような痛みがあると覚えると分かりやすいかも!これは普段から触れる機会のある言葉なので、漢字は覚えておきたいですね!

「桁行」

「桁行」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字はカンタンそうに見えますが、正しく読むとなるとイマイチ分かりませんよね…!ではなんて読むのが正しいのかチェックしていきましょう。この「桁行」という漢字は「けたゆき」と読みます。「桁行」とは建物の桁の長さのことを意味しています。梁行(はりゆき)といわれることもありますよ。

意外と読めない難読漢字、サラッと読めたらかっこいい!

意外と読めない難読漢字、サラッと読めたらとってもかっこいいですよ…!読めなかった漢字は、これを機にぜひ覚えてみてくださいね♡

「希う」=きうじゃないよ!読めそうで読めない【難読漢字クイズまとめ】

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事