難しい漢字急度

「急度」ってなんて読むっけ…?大人なら知っておきたい《漢字の読み方》4選

[記事公開日]2021.5.06

生活に身近な漢字はサッと読めても、触れる機会の少ない漢字はなかなか読むことができませんよね…!今回はそんな漢字の中でも、大人なら知っておきたい漢字の読みをご紹介。正しく読むことができるか確認してみてくださいね…!

(1)「急度」

まずご紹介するのは「急度」という漢字です。この漢字、何て読むか分かりますか?普通に読んでみると「きゅうど」になりますよね。しかし、ほんとうの読み方はまったく違うものなんです!実はこの「急度」という漢字は「きっと」と読むんです。分かりませんよね…!「急度」は「確かに」「必ず」などの意味がある言葉となっています。会話ではよく使いますよね。

(2)「燥ぐ」

「燥ぐ」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「そうぐ」ではありません。これも会話の中で耳にすることがある、比較的身近な言葉となっていますよ…!ではなんて読むかチェックしていきましょう。この「燥ぐ」という漢字は「はしゃぐ」と読みます。意味はもう分かりますよね。そんななにげなく使っている言葉も、実は難しい漢字で表すことができるんです!

(3)「誂える」

「誂える」という漢字はなんて読むと思いますか?この漢字、見たことがありそうでない!なんて人も多いのではないでしょうか。この漢字が表す言葉も、聞いたことがある人もいるかもしれません。では正解を確認していきますよ♪この「誂える」という漢字は「あつらえる」と読むんです!これはどんな意味かというと自分の思い通りに作らせたり注文することを意味しています。あまり頻繁に使うことはないかもしれませんが、読めるようにしておくといいですよ♡

(4)「解れる」

「解れる」という漢字はなんて読むか分かりますか?これは「ほぐれる」と読みます。この漢字は意外と目にすることも多いのではないでしょうか…!「かいれる」なんて読みかたをしてしまうと恥ずかしい思いをしてしまいますよ!「緊張が解れる」などと使うことができるので、覚えておきましょ♪

読めない漢字は覚えてみて…!

今回紹介した4つの漢字、いくつ正しい読み方ができていましたか?今まで読みを知らなかった漢字は、これを機にぜひ正しい読みを覚えてみてくださいね…!

「木通」=もくつうじゃないよ!読めそうで読めない【難読漢字】

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事