羽織ったり閉じたり。いろんな着方で楽しみたい秋のカーディガンコーデ

カーディガンは秋コーデのマストアイテム♡ただ羽織るだけではなく、トップス風に着たりインナーをチラ見せさせたりといろんな着方が楽しめちゃうんです。さらに今年は肩掛けや巻くアレンジも人気だから、ますますカーディガンが手放せなくなっちゃいそう!

秋コーデにはカーディガンがお役立ち♡

白Tに黒のプリーツパンツを合わせて、生成り色のケーブルニットカーディガンを羽織った女性

出典: WEAR

秋コーデに欠かせないアイテムと言えば、やっぱりカーディガンですよね。普通に羽織る以外にも、ボタンをとめてトップス風に着たり、中に仕込んだインナーをチラ見せさせたりと、いろんな着方を楽しめるのが何とも嬉しい♡今年の秋も、カーディガンにとことんお世話になっちゃうと致しましょう!

 

 

 

ボタンをとめてトップス風に

まずは、カーディガンのボタンをとめて着こなしてみて。プレーンなカーディガンなら、どんなボトムスにも合わせやすいトップスに早変わり♪今シーズンもオーバーサイズのトップスが注目を集めているから、大きめのカーディガンのボタンをとめてゆるっと着るのもかわいいですよ。

 

モカブラウンのクルーネックカーディガンをトップス風に着て、デニムを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

ベーシックなクルーネックカーディガンは、トレンド感のあるモカカラーで感度の高さをさりげなくアピール。テーパードシルエットが脚長効果抜群のハイライズデニムもこっくりとしたワンウォッシュをチョイスすれば、シンプルな着こなしも一気に秋らしい雰囲気に仕上がります。

 

グリーンのVネックカーディガンを後ろ前にトップス風に着て、白いスカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

後ろボタンでも着られるカーディガンが大豊作の今シーズン。襟もとの開きがきれいなVネックカーディガンをあえて後ろ前で着て、背中にポイントを置いちゃうのも◎。太めのリブやタイトすぎないシルエットのおかげで、スカートに合わせても色っぽくなりすぎないのも嬉しいポイントです。

 

ベージュのカーディガンをトップス風に着て、黒いパンツを合わせた女性出典: ZOZOTOWN

ゆったりとしたシルエットがリラクシーなVネックカーディガンも、ボタンをとめてトップス風に着ちゃいましょう。ボトムスに細身のパンツを選べば、もたつかずスッキリと着こなせます。縦に並ぶ大きめのボタンが、膨張して見えやすいナチュラルホワイトのカーディガンをきりりと引き締めてくれますね。

 

 

 

インナーとのレイヤードを楽しんで

ボタンをとめて着たカーディガンの襟もとや裾から、インナーをチラ見せさせればまた違った表情の着こなしに。レースのタンクトップやベーシックなTシャツ、ハイネックのカットソーなどお気に入りのインナーをどんどんカーディガンにレイヤードしちゃいましょ。

 

パープルのカーディガンから黒のレースタンクをチラ見せして、花柄スカートを合わせた女性

出典: WEAR

ラベンダーカラーのVネックカーディガンの襟もとに沿わせるようにレースのインナーをレイヤード。黒いレースがほんの少し見えるくらいなら、甘くなりすぎることはありません。小花柄が可憐な花柄スカートもブラックベースをチョイスして、大人かわいい着こなしを完成させて。

 

グレーの金ボタンのアランニットカーディガンを後ろ前に着て白Tを襟や裾からのぞかせ、グレーデニムを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

後ろ前に着たアラン編みのカーディガンは、ころんとした金ボタンがキュートなアクセントに。同じトーンのグレーデニムを合わせるなら、襟もとや裾から白Tをちらりとのぞかせてコーデにメリハリを出すのがおすすめです。

 

モカブラウンのベルト付きカーディガンにハイネックの白いインナーを着た女性

出典: ZOZOTOWN

ベルト付きのカーディガンも、今シーズン気になるアイテムのひとつ。薄手のタートルニットにゆるっと羽織ってもかわいいけれど、ベルトを使ってカシュクールニットのように前を合わせれば、こなれ感がグンとUPしちゃいますよ。

 

 

 

もちろん羽織りとしても大活躍

ちょっと肌寒いときに、さっと羽織れる羽織りものとしても優秀なカーディガン。着回しやすいベーシックカラーはハズせないけれど、着こなしのアクセントになってくれるきれい色も捨てがたい!生地の厚みでも印象が違ってくるから、何枚も集めてしまいそう♡

 

白のロゴTにベージュのスカートを合わせて、ブラウンのカーディガンを羽織った女性

出典: WEAR

夏の間じゅうお世話になったロゴTも、カーディガンを羽織ればまだまだ活躍させることができちゃいます。こっくりとしたチョコブラウンのカーディガンなら、ホワイト×ベージュの淡色コーデも一気に秋らしく見違えますよ。

 

黒のワンショルタンクにブラウンのジャンパースカートを合わせて、白いカーディガンを羽織った女性出典: WEAR

しっかりと編みこまれたケーブルニットカーデは、ちょっぴり肌寒いときのライトアウターにピッタリ。ボリュームたっぷりのワンショルジャンスカも、着丈の短いカーディガンのおかげでスッキリとバランスよく着こなせますね。

 

白Tにベージュのパンツを合わせて、オレンジのニットカーディガンを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

ベーシックカラーのカーディガンはとっても便利だけれど、ときにはきれい色カーディガンをコーデの差し色に効かせてみるのはいかが?たとえば、まるみを帯びたコクーンシルエットがかわいいカーディガンなら、陽だまりを思わせるオレンジをチョイスしてコーデに暖かみをプラスしちゃいましょ。

 

黒の花柄ワンピにパープルのざっくりニットカーデを羽織った女性出典: BAYCREW’S

スウィートな花柄ワンピースは、太めの糸をざっくりと編んだロービングニットカーディガンでカジュアルダウンするのがおすすめ。透明感のあるパープルなら、甘すぎずちょうどいいかわいらしさに♡ミニポシェットやスニーカーをプラスして、軽快に仕上げてみて!

 

 

 

肩にかけたり巻いたり…アレンジ自在♪

着るだけではなく、小物としても活用できるのがカーディガンの凄いところ。無造作に肩にかけたり、くるっとトップスの上から巻いたり、ぜひ自由な発想でアレンジしてみて。ますますカーディガンが手放せなくなっちゃうこと間違いナシですよ。

 

ボーダーTシャツにキャメルのカーディガンを肩掛けして、デニムを合わせた女性

出典: WEAR

ボーダーT×デニムのシンプルコーデにさっとカーディガンを肩掛けすれば、パリジェンヌのような着こなしがお手軽に楽しめます。他の小物とカラーをそろえたベージュならこなれ感たっぷりに仕上がるし、ビビッドな赤などきれい色を効かせるのもアリですね。

 

ベージュのコーデュロイワンピに黒スキニーをレイヤードして、白のアラン編みニットカーデを肩掛けした女性出典: ZOZOTOWN

秋らしいコーデュロイ素材のシャツワンピースにも、カーディガンを肩がけしちゃいましょう。ぽこぽことした編み目が素朴な風合いのアランニットカーデなら、よりシーズンムードが盛り上がります。レイヤードしたスキニーやパンプス、巾着バッグを黒などのダークカラーでまとめて、コーデをピリッと引き締めると◎。

 

ブラウンのトップスにブラウンのカーディガンを斜め巻きして、ベージュのパンツを合わせた女性

出典: WEAR

今年の秋は、カーディガンを肩掛けするだけではなく、トップスにきゅっと斜めに巻く着こなし方にも注目が集まっている様子。挑戦してみたいけれどちょっと難しそう…と思ったときは、トップスとカーディガンのカラーをそろえてみて。悪目立ちせず、こなれた雰囲気に仕上げられるんです♡

 

 

 

この秋もカーディガンをフル活用しましょ

出典: WEAR

着回しがきくカーディガンは、秋コーデのマストアイテム。ぜひあなたも、羽織ったり閉じたりいろんな着方を楽しんでみてくださいね!

[記事公開日]2019.11.07

NEW POST

ファッションの新着記事

PICK UP

ファッションのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ファッションのランキング