難しい漢字夙に

「夙に」=風じゃない…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.4.27

日本人の生活になじみ深い「漢字」。しかし、中には生涯を通してもほとんど触れられない漢字もありますよね。そこで今回は、そんな漢字の中でも「読めたらすごい!」というものをご紹介していきますよ♡

(1)「夙に」

まずご紹介していくのは「夙に」という漢字です。一見簡単そうに見えますが、パッと見て読める人は少ないのではないでしょうか。「夙に」という言葉は、会話の中で使っている人もごくわずかかもしれません。それでは正解を確認しますよ。この「夙に」という漢字は「つとに」と読みます。「夙に」とは、「早くから」「だいぶ以前から」などの意味合いがありますよ。「ゆうに」と読み間違えてしまう言葉なので、正しい読み方を覚えておきましょう…!

(2)「花押」

「花押」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「かしん」ではありませんよ。正しくは、「かおう」と読みます。「花押」とは署名の代わりに使われる記号や符号などを意味していますよ。現代では使われることのない言葉ですが、覚えておくといいかも。

(3)「禿びる」

「禿びる」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「はげびる」ではありません。それでは正解を確認していきますよ。「禿びる」という漢字は「ちびる」と読みます。「禿びる」とは「先がすり切れる、先が擦れて減る」などを意味する言葉ですよ。こちらも会話ではあまり聞きませんが、覚えておくといいかも…!

(4)「曲舞」

「曲舞」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「きょくまい」ではありません。正解は「くせまい」でした!「曲舞」とは、中世にできた日本の踊り芸能のひとつ。一般的には「舞」と一文字で表されることが多いんですよ♪

どれも難しいけど、読めたらかっこいい…!

今回紹介した漢字はどれも難しいものばかりでしたね…!そんな難読漢字をサッと読むことができたらとってもかっこいいですよ♪読めないものはぜひこれを機に覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事