難しい漢字の読み方

「購う」=「こうう」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.4.26
[最終更新日]2021.4.27

漢字の中には、日常生活に馴染みのない難しいものもたくさんありますよね…!今回はそんな漢字の中から、読めたらすごい!という難読漢字をご紹介していきます。いくつ正しく読めるかチェックしてみてくださいね。

(1)「購う」

まずご紹介していくのは「購う」です。この漢字はなんて読むか分かりますか?これは「購入」でよく使われる漢字ですが、読み方は「こうう」ではありませんよ。では正解をご紹介していきます。「購う」という漢字は「あがなう」と読みますよ♪「購う」とは「買い求めること」を意味しています。意味は「購入」と同じようなものですね。読めない人が多い漢字なので、読めるようにしておくといいかも♡

(2)「罷る」

「罷る」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は読めたらかなりすごいです…!この「罷る」という漢字は「まかる」と読みます。「まかりとおる」という言葉はみなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。このように、ほかの動詞の上に付いて複合語をつくることもできる言葉なんです。

(3)「革める」

「革める」という漢字はなんて読むか分かりますか?この言葉は会話などではよく使われていますが、この漢字で表されることはあまりないかもしれません。さて、一体なんだか分かりましたか?これは「あらためる」と読みますよ♪「あらためる」と聞くと「改める」を想像しますよね。どちらも意味合いとしては同じ言葉なんです。

(4)「亜ぐ」

「亜ぐ」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「つぐ」と読みます。「あぐ」と読んでしまった人も多いですよね…!「亜ぐ」という言葉は、「継ぐ」と同じ意味で使われます。こちらも日常生活の中ではなかなか目にしませんが、読めるようにしておくといざというときに役に立ちますよ♡

難読漢字、正しく読めた?

今回紹介した難読漢字、いくつ読むことができましたか?どれも難しかったですが、意外と普段の生活の中で見かけるものもあるので、読めなかったものは覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事