「漸次」=「ざんじ」じゃないよ!大人なら知っておきたい《漢字の読み方》まとめ

[記事公開日]2021.4.27

大人なら知っておきたい!漢字の読み方を4つご紹介します。「漸次」って、なんと読むかわかりますか?「ざんじ」ではないですよ。「太だ」「蒐集」「只管」いくつ読めるか挑戦してみて♡

漸次=ぜんじ

「漸次」は「ぜんじ」と読みます。次第に・徐々に・だんだんという意味があり、「漸次拡大する」「漸次増加する」このように、少しずつ変化していくことを表現するときに使います。間違いやすい漢字として「暫時(ざんじ)」がありますが、暫時は「しばらくの間・少しの間」という意味なので、混同しないように注意しましょう。

太だ=はなはだ

「太だ」は「はなはだ」と読みます。普通の程度をはるかに超えていることを意味し、ネガティブな感情を表すときに使うことが多い言葉です。「太だ疑問です」このような使い方をし、一般的には「甚だ」と漢字表記します。「太」は音読みで「タ・タイ・ダイ」、訓読みで「はなはだ・ふと(い)」と、数種類の読み方があります。

蒐集=しゅうしゅう

「蒐集」は「しゅうしゅう」と読みます。趣味や研究のためにものを集めることを意味する言葉で、「切手を蒐集する」このような使い方をします。コレクションと同じ意味で使い、「収集」と漢字表記するのが一般的です。同音異義語に「収拾」がありますが、収拾は「混乱している物事をおさめる・落ちているものを拾って集める」ことを意味するので、間違えないようにしてくださいね。

只管=ひたすら

「只管」は「ひたすら」と読みます。ほかのことを気にせずにそのことだけに集中するという意味があり、「試験に合格するために只管勉強をする」このような使い方をします。「ひたむき」と間違いやすいですが、「ひたむき」には「心を込めて・我慢強い態度で」このように、内面的な意味が含まれているということを覚えておきましょう。

あなたはいくつ読めた?

4つの漢字を紹介しましたが、いくつ読めましたか?「漸次」は「ぜんじ」と読み、「徐々に」を意味する言葉ということがわかりました。一般的な漢字表記ではない場合もありますが、日常会話でよく登場する言葉なのでこの機会に覚えておいてくださいね♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事