難しい漢字毅然

「毅然」って…?大人なら知っておきたい《難読漢字》まとめ

[記事公開日]2021.4.21

難読漢字と聞くと、「読めなくて当たり前」なんて壁を作ってしまいがち。しかし、世の中には難読漢字でも読めるようにしておいた方がいいものもたくさんあります。そこで今回は、大人なら読めるようにしておきたい難読漢字をご紹介していきますよ♡

(1)「毅然」

まずご紹介する漢字は「毅然」です。この漢字、なんと読むか分かりますか?見たことはあるけど、正しい読みに自信がない!という人も多いのではないでしょうか。この「毅然」という漢字は「きぜん」と読みます。「毅然」とは自分の信念を貫き、しっかりとした態度で臨んでいる様子を表しています。よく「毅然とした態度をとる」などと言われますよね。この漢字は読めるようにしておいた方がいいですよ…!

(2)「唯々諾々」

「唯々諾々」という漢字はなんと読むか分かりますか?この四字熟語は、きっと聞いたことがあるという人も多いですよ。なんだか分かりましたか?それでは正解を確認していきましょう。この「唯々諾々」という漢字は「いいだくだく」と読みます。「唯々諾々」は人の言いなりになることを表す四字熟語。「唯々諾々」と他人に従うような人にはなりたくありませんね。

(3)「冤罪」

「冤罪」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字「めんざい」と読み間違えてしまう人も多いかもしれませんが、正しくは「えんざい」です。「冤罪」は無実なのに犯罪者として扱われてしまうことを指しています。一方「免罪」は「有罪であるが許されること」を指しています。間違って使うと大変なことになるので気を付けて!

(4)「摩天楼」

「摩天楼」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「まてんろう」と読みます。マテンロウという言葉は聞いたことがある人も多いですよね。これは超高層建築物のことを指す言葉です。東京スカイツリーの中にも、「摩天楼」というお店が入っていますよ…!会話ではあまり使うことはないかもしれませんが、読めるようにしておきたいですね。

大人なら知っておきたい漢字、ちゃんと読めた?

今回は大人なら知っておきたい漢字をご紹介しました。あなたは難読漢字をいくつ読むことができましたか?読めなかったものはこれを機に覚えてみてくださいね。

「木通」=もくつうじゃないよ!読めそうで読めない【難読漢字】

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事