「福い」=「ふくい」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.4.15

難しい漢字が読めると、知識が深まることはもちろん、スッキリしてストレス解消になるかも♡しかも、周りの人たちからの評価もアップするに違いありません♩読めたらスゴイ難読漢字を集めたので、頭の体操に試してみて!

読めたらスゴイ難読漢字①福い

「福い」は、福と言う字が使われているので、悪い意味の言葉ではなさそうですよね。読み方は「さいわい」です!なんとなく「ふくい」と、読んでしまいそうですよね。意味は、幸せや幸福なので、ポジティブな意味で使われる難読漢字。また、神様へのお供物という表現にも使われるのだとか!漢字は、読み方だけでなく、意味も奥が深いですね。

読めたらスゴイ難読漢字②版図

「版図」という言葉は、図形や制作に関わる漢字と考えてしまう人もいるかもしれませんが、違うんです!読み方は「はんと」で、領土や国の領域を表す言葉として使われていました。大河ドラマや歴史小説などが好きな人は、馴染みがあるかも!戦国時代では、領土を争うときや勢力範囲を示すときに、「版図」という言葉を使っていたそうです。「版図」が読めれば、歴史に詳しい人と会話が盛り上がるかもしれませんね♡

読めたらスゴイ難読漢字③馬酔木

「馬酔木」は、読み方を知らないと、なかなか読むのは難しそうな漢字です。実は、馬酔木は素敵な花の名前なんです♡「あせび」または「あしび」と読み、ツツジ科の花で2月〜4月にかけて白やピンク、赤などの綺麗な花を咲かせます。花言葉は、「献身」や「犠牲」です。古くから親しまれている花で、万葉集にも登場しているので、気になる人はチェックしてみてくださいね!

読めたらスゴイ難読漢字④諫める

このカッコいい雰囲気を漂わせている「諫める」という漢字は、「いさめる」と読みます。主に、目上の人に対して忠告をして、さらに間違っている点を改めさせることを意味します。相手が目上の人でも、間違っているときは、間違っていると言える大人でいたいですね!

難読漢字でスッキリ頭の体操!

読み方の難しい難読漢字は、頭をスッキリさせる頭の体操にぴったり♩ぜひ、頭の体操に活用してみて!また、難読漢字は読み方だけを覚えようと思うと、苦手意識ができてしまうかも。意味や使い方と一緒に覚えて、楽しみながら理解してみてくださいね♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事