「卒わる」って…!?社会人なら読めておきたい《難読漢字》まとめ

[記事公開日]2021.4.13

日本語にはたくさんの漢字が使われていて、正しく読むことができないと恥をかいてしまうこともありますよね。しかし、漢字の中にはなかなか読めない難読漢字も。そこで今回は、そんな難読漢字の中でも社会人なら読めるようにしておきたいものをご紹介。

(1)「卒わる」

「卒わる」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「そつわる」ではありませんよ。この漢字の読みは、会話ではなにげなく使っている言葉です。なんだか分かりましたか?それでは正解の読みを確認してみましょう。「卒わる」という漢字は正しく読むと「おわる」です!「卒わる」は学業を修了するときなどに使うことができます。「終わる」と表しても間違いではありませんが、「卒わる」という漢字も正しく読めるようにしておきたいですね。

(2)「雑じる」

「雑じる」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「ざつじる」ではありませんよ。では、ほかにどんな読みをすることができるのでしょうか。分かりましたか?この漢字の正しい読み方は「まじる」です。「まじる」と聞くと「混じる」などを想像するのが一般的ですよね。しかし「混じる」「交じる」「雑じる」、この3つのどれで表したとしても、意味は「他の種類のものが一緒に入ること」です。しかし、細かいニュアンスは異なるので、交じると混じるの違いはとくに知っておいたほうがいいかも!

(3)「然も」

「然も」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「ねんも」ではありません。意外と日常生活で使われている言葉なので、読みを聞いたらびっくりしてしまうかも!では正解を確認していきますよ。この「然も」という漢字は「しかも」と読みます。なかなか漢字で表されることのない言葉ですよね。

(4)「徒に」

「徒に」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「とに」ではありません。これも会話の中では使われることが多い言葉です。それでは正解を確認してみましょう。「徒に」という漢字は「いたずらに」と読みますよ♪漢字はたったの一文字なのに、読みは長かったですね…!

どの漢字も、社会人なら読めるようにしておきたい…!

今回紹介した漢字は、どれも社会人なら読めるようにしておきたいものばかり。読みを知らなかったものはぜひこれを機に覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事