「航る」=「こうる」…?知っていると自慢できる《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.4.13

難読漢字はたくさんありますが、生活の中ではほとんど使うことがないので、別に読めなくても…なんて思っていませんか?でも、そんな難読漢字を読めるとまわりにも自慢することができますよ♪今回は読めると自慢できる難読漢字をご紹介します。

(1)「航る」

「航る」という漢字はなんと読むと思いますか?この「航」という漢字は身近な漢字ではありますが、送り仮名が付くと読み方も分かりませんよね。ですが、この言葉自体は日常生活の中でも耳にしているものですよ!さて、それはいったい何なのでしょうか。分かりましたか?それでは正解を確認していきますよ。この「航る」という漢字は「わたる」と読みます。わたるというと「渡る」という漢字が一般的ですが、この漢字の場合は飛行機などで移動するときに使われます。

(2)「海参」

「海参」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「いりこ」と読みますよ。いりことは主に中国料理で使われる高級食材のことですが、聞いたことはありますか?これはなまこの腸を取り、ゆでて干したものを指しています。中には食べたことがある人もいるのではないでしょうか。

(3)「勤行」

「勤行」という漢字はなんと読むと思いますか?この漢字は勤め励むことを意味する言葉です。さて、なんと読むのでしょうか。分かりましたか?それでは正解を確認していきますよ。この「勤行」という漢字は「ごんぎょう」と読みます。これを読めた人はすごいです!主に仏教で使われる用語で、仏教徒として善行に精進することという意味もあります。

(4)「天魚」

「天魚」という漢字はなんと読むと思いますか?この漢字は「てんぎょ」ではありませんよ…!では、なんと読むのが正しいのでしょうか。正解を確認していきましょう。この「天魚」という漢字は「あまご」と読みます。「天魚」とはサケ目サケ科の淡水魚なんですよ。中には食べたことがある!大好き!という人もいるのではないでしょうか♪

難読漢字も覚えて自慢しちゃお♡

今回紹介した漢字を読めるようにしておくと、まわりの人に自慢することもできちゃいますよ♪知っている言葉の漢字だけでもぜひ覚えてみてくださいね…!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事