「狡い」=「こうい」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.4.08

難読漢字は数えきれないほどありますが、その中でも生活に馴染みのない漢字はほとんど知られることがありません。そこで今回は、読めたらすごい!という難読漢字をご紹介していくので、いくつ読むことができるかチェックしてみてくださいね。

(1)「狡い」

「狡い」という漢字、なんて読むか分かりますか?会話の中で聞いたことがある人もいる言葉かもしれません。一見カンタンに読めそうな漢字ですが、正しく読むとなると自信がない人が多いのではないでしょうか。この「狡い」という漢字は「こすい」と読みますよ。「狡い」とは「ずるい」「わるがしこい」などの意味があります。「こすい」以外にも、「ずるい」と読むこともできるんです。

(2)「諂う」

「諂う」という漢字はなんて読むか分かりますか?ヒントは4文字で読むことができる言葉です。この「諂う」という漢字は「へつらう」と読みます。「諂う」とは、人の気に入るようにふるまったり、お世辞を言ったりすることを指しています。あまりいい印象では使われませんよね。

(3)「解れる」

「解れる」という漢字はなんて読むか分かりますか?この言葉は会話の中でもよく使われます。漢字の意味を考えてみると、読める人も多いのではないでしょうか。この「解れる」という漢字は「ほつれる」と読みます。意味を考えると分かりやすいですよね。そんな日常的に使う言葉も、漢字になると難しいんです!

(4)「疎ら」

「疎ら」という漢字はなんて読むと思いますか?「そら」ではありませんよ。この「疎ら」という漢字は「まばら」と読みます。こちらも日常的に聞くことが多い言葉ですね。意味は間があいてばらばらとあることを指しています。

難読漢字、正しく読めた?

今回紹介した難読漢字はいくつ読むことができましたか?どれも難しいですが、会話の中では何気なく使っているものが多かったですよね。読めなかったものはこれを機に覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事