難しい漢字私語く

「私語く」=「しごく」って読んでいないよね…?意外と読めない《難読漢字》

[記事公開日]2021.4.08

日本語にはたくさんの漢字が使われていますが、その中には私たちの生活の中ではあまりなじみのない難しい漢字もありますよね。今回はそんな漢字の中から意外と読めない漢字をご紹介していくので、いくつ読めるかチェックしてみてくださいね♡

(1)「私語く」

「私語く」という漢字、なんて読むか分かりますか?「しごく」ではありませんよ!実はこれ、みなさんも普段の会話の中で使うことがある言葉なんです。この「私語く」という漢字は「ささやく」と読みます。「ささやく」という漢字は「囁く」が一般的ですが、実はこの漢字もあるんです。

(2)「落人」

「落人」という漢字はなんて読むと思いますか?普通に読むと「おちびと」になりますが、まったく違う読み方をします。この「落人」という漢字は「おちうど」と読みます。「落人」とは、戦乱などにおいて敗者として逃亡する人のことを指しています。現在では使う機会がないですが、歴史の勉強などでは触れる言葉なので覚えておきましょう。

(3)「虎魚」

「虎魚」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字はある魚のことを表しています。「とらぎょ」ではありませんよ!この「虎魚」という漢字は「おこぜ」と読みます。「虎魚」は頭が凸凹としていて、鋭い背びれには毒があります。きっとみなさんも一度は見たことがありますよ…!

(4)「山葵」

「山葵」はなんて読むか分かりますか?この漢字は、お寿司では欠かせないあるものを表しています。もう分かった人もいるのではないでしょうか。この「山葵」という漢字は「わさび」と読みます。普段はひらがなで表されることが多いわさびですが、漢字になるとこんなに難しいんですよ。

難読漢字、読めたらかっこいい♡

今回紹介した難読漢字、いくつ読むことができましたか?どれも難しいですが、生活に身近なものだけでもぜひ覚えてみてくださいね♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事