「擬宝珠」=「ぎたからじゅ」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

「擬宝珠」=「ぎたからじゅ」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.4.02

難読漢字なんて、読めなくても生きていける…!と思っている人が多いかもしれません。しかし、私たちの生活の中には、たくさんの難読漢字が隠れているんですよ♪今回はとっても難しい4つの漢字をご紹介していくので、読めるかチェックしてみてくださいね。

(1)「擬宝珠」

「擬宝珠」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字は比較的見たことがある漢字の組み合わせになっていますが「ぎほうしゅ」ではありませんよ。ではなんて読むのが正しいのでしょうか。分かりましたか?正解は「ぎぼし」でした!「擬宝珠」という漢字の意味はなんだか分かりますか?これは伝統的な建物の装飾のことを指していて、橋や階段などの柱の先に取り付けられています。きっと見たことがありますよ。

(2)「艾年」

「艾年」という漢字はなんて読むか分かりますか?これは意外と知らない人も多い言葉かもしれません。読める!という人はかなりすごいですよ♪それでは正解を確認していきます。この「艾年」という漢字は「がいねん」と読みます。がいねんと聞くと「概念」を想像してしまいますが、意味は違いますよ。これは年齢の50歳を表しているんです。髪が艾(ヨモギ)のように色あせて白くなる歳ということでこの漢字になっているんだとか。

(3)「們」

「們」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は一文字でカンタンそうに見えますが、意外と正しい読みかたは知られていないんです。この「們」という漢字は「ともがら」と読みますよ。ともがらとは複数の人を表す言葉となっています。

(4)「琺瑯」

「琺瑯」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「ほうろう」と読むもので、ある素材のことを指しています。それはいったい何でしょうか。分かりましたか?これは金属の表面にガラス質のうわぐすりを焼き付けた素材のことを指しています。みなさんのおうちにも「ホーロー鍋」などがあるのではないでしょうか♪そのホーローの漢字がこれなんですよ♡

難読漢字、読めたらかっこいい♡

今回紹介した漢字はどれも難読でしたよね!そんな難しい漢字も、正しく読むことができたら周りの人からも褒められるかもしれませんよ♪今回知った漢字だけでもぜひ覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事