読めない漢字

「鬼叺」って何て読む…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.4.02

あなたの生活に身近なあれも、実は難しい漢字が使われているかも?今回はそんな読めたらすごい難読漢字をご紹介していくので、いくつ読むことができるかチェックしてみてくださいね。

(1)「戴勝」

まずチェックしていく漢字はこれ!「戴勝」です。この漢字はなんと読むか分かりますか?ある動物の名前を表している漢字なんです。この「戴勝」という漢字は「ヤツガシラ」と読みます。聞いたことがある人もいたのではないでしょうか。「戴勝」とは白黒の縞模様の羽をもつ鳥のこと。ユーラシアやアフリカなどに生息していますが、日本には渡鳥として渡来していますよ。

(2)「鬼叺」

「鬼叺」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字もある生き物を表しています!ヒントは海にいる生き物ですよ♪なんだか分かりましたか?正解は「オニカマス」でした!この名前は聞いたことがない人もいるのではないでしょうか。「オニカマス」とは海水魚の名前で、体長は1.5メートルにもなるんだとか。「鬼」という字は、動物名では大きいという意味を表す言葉なんですよ♪

(3)「鱓」

「鱓」という漢字はなんと読むか分かりますか?これもある海の生き物を表していますよ♪きっとみなさんも知っている生き物なのではないでしょうか♪この「鱓」という漢字が表すものは「ウツボ」でした!ウツボはわかりますよね。見た目はウナギによく似ていて、口先は尖っています。

(4)「啄木鳥」

「啄木鳥」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字が表すものは、鳥です!漢字それぞれの意味を考えてみると分かるかもしれません。この「啄木鳥」という漢字は「キツツキ」と読みます。普段はカタカナで表記しますが、こんなに難しい漢字を持っているんですよ♡

知ってる生き物なのに漢字になると分からない!

今回紹介したものはすべて生き物の漢字でしたね!どれも難しいですが、知っている生き物の漢字を覚えてみてくださいね♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事