「底根」=「そこね」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.3.25

読めたらすごい難読漢字を4つご紹介します。「底根」ってなんと読むか知っていますか?「そこね」ではないですよ。ヒントは、人を大好きになったときに使う言葉。いくつ読めるかレッツトライ!

底根=ぞっこん

「底根」は「ぞっこん」と読みます。「心の底から・すっかり」という意味があり、「彼女に底根に惚れ込んでいる」このように、本気で惚れている様子を表すときに使います。類語には、「首っ丈(くびったけ)」「メロメロ」「虜になる」「夢中になる」などが挙げられます。また「底根」以外に「属懇」と表記される場合もあります。

安穏=あんのん

「安穏」は「あんのん」と読みます。「穏やか・落ち着いている・安らかな様子」を表す言葉で、「安穏な日常が一番幸せ」このような使い方をします。「安穏」は、同じ意味を持つ漢字を重ねた二字熟語です。昔は「あんおん」と読まれていましたが、室町時代頃までに読み方が転じて現在の「あんのん」になりました。

刀自=とじ

「刀自」は「とじ」と読みます。中年以上の女性を尊敬して呼ぶときや、敬愛の気持ちを込めて呼ぶときに使われる言葉です。また、一家を切り盛りしている主婦を指す言葉でもあります。酒づくりの最高責任者である「杜氏(とうじ)」は男性の仕事というイメージが強いですが、「刀自」からきている言葉と言われているそうですよ。

襤褸=ぼろ

「襤褸」は「ぼろ」と読みます。「使い古した」という意味の言葉で、「何年も愛用しているバッグが襤褸くなった」このような使い方をします。「襤褸」は「ぼろぼろ」からできた擬態語で、「襤褸」と書いて「らんる」とも読まれます。古いことを意味する以外に、隠しておきたいことや知られたくない欠点・短所を表す場合もあり、それらが見えてしまうことを「襤褸が出た」と表現します。

難読漢字いくつ読めた?

「底根(ぞっこん)」「安穏(あんのん)」「刀自(とじ)」「襤褸(ぼろ)」、4つの漢字を紹介しましたが、いくつ読むことができましたか?普段よく使う言葉も、漢字表記になると読むのが難しいですよね。漢字で書くことは少ないですが、知っておくと便利なのでぜひ覚えておいてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事