「比律賓」ってどこの国?読めたらスゴイ!《難読漢字》国名編

[記事公開日]2021.3.25

国名というと、日本ではカタカナで表されるのが一般的ですが、実はどの国も漢字表記の国名も持っているんです。今回はそんな国名の漢字をご紹介していくので、どこの国か当ててみてくださいね♡

(1)「希臘」

まずは「希臘」という国から!この国はどこだと思いますか?ヒントは、最近日本で流行っているヨーグルトの発祥となっている国です!正解は「ギリシャ」ですよ!とっても難しいので読めた人は少ないのではないでしょうか。そして、ギリシャ独特のヨーグルトにはたんぱく質が豊富に含まれていて脂肪分が少ないんです。ギリシャ国内では「ギリシャヨーグルト」を「ストラギスト」と呼んでおり、「ギリシャヨーグルト」と言ってもギリシャ人には通じないそうです。

(2)「西班牙」

「西班牙」という国はどこだか分かりますか?この国は「情熱と太陽の国」として知られていますよ…!もうどこの国か分かったのではないでしょうか。この「西班牙」という国は「スペイン」でした♡これも漢字になるとまったく分かりませんよね。この漢字表記は中国語に由来しているんですよ。

(3)「新加坡」

「新加坡」という国はどこだか分かりますか?この国は、日本人の旅行先としてかなり有名なところではないでしょうか…!「新加坡」という漢字は「シンガポール」と読みますよ!シンガポールといえばマーライオンを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はみなさんがよく見ているマーライオン以外にも何体もいるんですよ…!

(4)「比律賓」

「比律賓」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「フィリピン」と読みます。これも漢字にするとまったく読むことができませんよね。この漢字表記は、1542年にスペイン皇太子の名前「フェリペ」から付けられたことに由来しているんですよ…!なんでスペインが?と思った人もいるかもしれませんが、実は16世紀ごろのフィリピンはスペインの植民地だったんです…!

どの国名も難しすぎ…!

今回紹介した国名はどれもとっても難しかったですね…!普段目にしている国名にも、読めない漢字表記があるかも!気になった人はぜひ調べてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事