「栄螺」って何て読む…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

「栄螺」って何て読む…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.3.19

私たちの生活に身近なものでも、漢字で表されたらまったく読めない…!なんてことも少なくありません。そこで今回は、読めたらすごい難読漢字をご紹介。あなたはいくつ読むことができるのか、ぜひチェックしてみてくださいね♡

(1)「栄螺」

「栄螺」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字が表すものは、中には食べたことがある人もいる食用貝の名前なんです!一体なんだか分かりましたか?この漢字の読み方は「さざえ」でした!サザエという名前の貝は知っていますよね。漢字にするとこんなふうに表すことができるんです。「栄螺」以外にも「拳螺」という漢字で表すことができます。どちらもとっても難しいですが、サラッと読めたらドヤ顔ができちゃいますね♡

(2)「蝙蝠」

「蝙蝠」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字もとっても難しく、読み方なんてまったく思いつきませんよね。「蝙蝠」という漢字が表すものは、夕暮れによく見かけるある動物のことですよ!なんだか分かりましたか?正解は「こうもり」でした!コウモリにはたくさんの名前があり、ほかにも「天鼠(てんそ)」や「飛鼠(ひそ)」がありますよ。どれも難しいものばかりですよね。

(3)「樹懶」

「樹懶」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字もある動物の名前として知られているものですよ!木に登って生活をしている動物ですよ!なんだか分かりましたか?正解は「なまけもの」でした!ナマケモノを表す「樹懶」の二文字目の「懶」には、「ものぐさ」という意味があるんですよ。

(4)「花車」

「花車」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字が表すものはあるお花ですよ♪それでは正解を確認していきましょう。この漢字は「はなぐるま」と読みます!実はそのまま読むのが正しいんです。花車とはガーベラの花の別名なんですよ!とってもかわいい名前ですよね。お花好きな人はぜひ覚えてみてくださいね。

難読漢字、いくつ読めた?

今回紹介した漢字はどれも知っている言葉でしたよね!こんな難しい漢字を読むことができたら、まわりからもすごいと言われちゃうかもしれませんよ♡読めなかったものはぜひ覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事