読めない漢字

「温ねる」=「あつねる」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.3.18

あなたは難読漢字を読むことができますか?普段目にすることがない難読漢字もたくさんあるんです!今回はそんな難読漢字の中から、読めたらすごいものをご紹介していきますよ…!

(1)「見える」

まずご紹介していくのは「見える」という漢字です!「みえる」じゃないの?と思った人がほとんどかもしれませんが、実はほかにも読み方があるんです。一体どんな読み方だか分かりますか?この「見える」という漢字は「まみえる」と読みます。「見える(まみえる)」は「会う」という意味の謙譲語、または「対面する」という意味の言葉として知られています。「相まみえる」という言葉を聞いたことはありませんか?その「まみえる」はこれなんです。

(2)「今際」

「今際」という漢字はなんと読むか分かりますか?普段なかなか聞くことがない言葉かもしれません。この「今際」という漢字は「いまわ」と読みます。「今際」とは「死にかかっている」という意味があります。そろそろ亡くなってしまいそうなときに使われるんですよ。

(3)「温ねる」

「温ねる」という漢字はなんと読むか分かりますか?漢字自体は簡単ですが、この送り仮名がついているのはあまり見慣れないかもしれません。この「温ねる」という漢字は「たずねる」と読みます。たずねるというと「訪ねる」や「尋ねる」などを思い浮かべますが、意味合いは似ており、「温ねる」は「復習する、よみがえらせる」などの意味を持っています。故事成語の「温故知新」に由来していると言われていますよ。

(4)「真面」

「真面」という漢字はなんと読むか分かりますか?「まめん」ではありませんよ。ではほかにどんな読み方ができるのでしょうか。実はこの漢字、「まとも」と読みます。「真面」とは、ものごとに対して正面から向き合うことを示していますよ。意味合いとしては「真面目」とよく似ていますね。

難読漢字、まだまだあります…!

難読漢字は今回紹介した以外にもたくさんありますよ。気になった人はぜひほかの難読漢字も調べてみてくださいね。難読漢字を読める賢い人になっちゃいましょう♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事