「凸清水」って何て読む…?読めたらスゴイ!《日本の地名》難読漢字

[記事公開日]2021.3.17

日本の地名となっているものの中には、その地域の人しか読むことができないような難読地名もありますよね。今回はそんな難読地名をご紹介していくので、読めるものがあるかチェックしてみてください♡

(1)「凸清水」

こちらの「凸清水」という地名はなんと読むか分かりますか?普通に読むと「とつしみず」になりますよね。しかしこの読み方ではないんです!「凹凸(おうとつ)」で知られている「凸」という漢字ですが、ほかにも読み方があるんですよ!この「凸清水」という地名は「でこしみず」と読みます!「凸清水」は愛知県知多郡阿久比町の地名ですよ!とっても難しいですが、「凸」の読み方を知っていた人は正解できたのではないでしょうか♪

(2)「田面木」

「田面木」という地名はなんと読むか分かりますか?「ためんき」ではありませんよ!「田面木」という地名は「たものき」と読みます。青森県八戸市にある地名ですが、地名以外にも名字として使われている場合がありますよ。「田面木」さんに出会ったときはすぐに読めるように覚えておきましょう♪

(3)「入西」

「入西」という地名はなんと読むか分かりますか?「いりにし」と読んでしまいがちですが違います!とっても意外な読み方をしますよ!この「入西」という地名は「にっさい」と読みます。埼玉県坂戸市にある地名で、昔は「入西村」だったんだとか。これがほかの村と合併して住所としては存在しなくなりましたが、今でも旧入西村地域は「入西地区」と呼ばれています。また、一部の地区には「にっさい花みず木」という名前がつけられたそうですよ。

(4)「越生」

「越生」という地名はなんと読むか分かりますか?この地名は「おごせ」と読みます。実はここ、入西ともそう遠くない場所にあるんです。「越生」は埼玉県入間郡に属している町で、越生梅林が有名なんですよ!ほかにも柚子などの農作物が有名な町となっています。

難読地名、読めた?

今回紹介した難読地名、読むことはできましたか?どれも難しいですが、行ったことがある地名は覚えておきたいものですね♪まだまだ難読地名はたくさんあるので調べてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事