「五十子 」=「ごじゅうし」…?読めたらスゴイ!《地名》難読漢字

[記事公開日]2021.3.17

英語などと違い、ひらがなと漢字を駆使する日本語は難しいと言われることも多いですよね…!そんな日本で使われている漢字には、日本人でもなかなか読むことができないものもあります。今回はそんな読めたらすごい漢字をご紹介していきますよ♡

(1)「五十子」

「五十子」という漢字はなんと読むか分かりますか?「ごじゅうこ」ではありませんよ!「五十子」とは埼玉県にある地名で、「いかっこ」と読むんです…!まったく読むことができませんよね。この「五十子」は埼玉県本庄市にある地名なんです。静岡県磐田市には、同じく「五十子」と書いて「いかご」と読む地名がありますよ。

(2)「九品仏」

「九品仏」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は普通に読むと「くひんぶつ」ですが、違いますよ!ではなんと読むのが正しいのでしょうか。この「九品仏」という漢字は「くほんぶつ」と読みます。「九品仏」は東京都世田谷区奥沢七丁目付近の地名を指しています。この地域には九品仏浄真寺というお寺があり、このお寺が由来になっているんですよ♪

(3)「茨戸」

「茨戸」という地名はなんと読むか分かりますか?「茨戸」は北海道札幌市にある地名で、「ばらと」と読みます。札幌市北区にある地名で、創成川を境目に「西茨戸」「東茨戸」の2つに分かれているんです。これもその地区に住んでいないとなかなか読めない漢字ですよね!

(4)「百連畑」

「百連畑」という漢字はなんと読むか分かりますか?「百連畑」は岩手県にある地名で、「ほろばたけ」と読みますよ♪「百連畑」は岩手県一関市川崎町にあります。これもかなり難しく、覚えるのにも苦労しますよね!ここに住まない限り覚えられなそうです。

読めたらすごい地名の漢字、いくつ読めた?

今回紹介した地名の中で読めたものはありましたか?どれも難しいですが、読めたらドヤ顔もできちゃいますね♡覚えられそうなものはぜひ覚えてみてくださいね!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事