読めない漢字

「円ら」=「えんら」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.3.12

「円ら」という漢字、なんて読むと思いますか?この漢字、普通に読んだら「えんら」になりますよね。しかし、違うんです!今回はこの「円ら」のような難読漢字をご紹介していくのでチェックしてくださいね♡

(1)「円ら」

「円ら」という漢字、なんて読むか分かりますか?この言葉、実は私たちもよく使ったり、聞いたりしている言葉のひとつなんです。答えを聞いたら「こんな漢字だったの…!」と驚くこと間違いなし!それでは正解を確認していきますよ♪この「円ら」という漢字は「つぶら」と読みます。「つぶら」というと「つぶらな瞳」などが思い浮かびますよね。そう、その「つぶら」なんです!普段はひらがなで表されることが多いですが、漢字になると「円ら」と書くんですよ♡

(2)「屮」

「屮」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字、なにかの武器のような形をしていますが、読みはまったく関係のないものになっています!この「屮」という漢字、なんて読むかというと「ひだり」になりますよ!「屮」とはみなさんもよく知っている「左」のことです。こんな漢字で表すことができるなんて意外ですよね!

(3)「賀ぶ」

「賀ぶ」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「がぶ」ではありませんよ!これもみなさんが会話の中でよく使っている言葉です。なんだか分かりましたか?正解は「よろこぶ」でした!「賀ぶ」はみなさんもよく知っている「喜ぶ」と同じ意味になります。これもなかなか正しく読める人はいないのではないでしょうか。

(4)「年魚」

「年魚」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字、「ねんうお」ではありません。これは魚の名前ですが、川にいる魚でみなさんもきっと食べたことがあるものですよ!実はこの「年魚」という漢字、「あゆ」と読みます。なぜこの名前になったのかというと、あゆは生まれてから1年以内に死んでしまう魚だからだといわれていますよ!

どの漢字も難しいけど知ってる言葉!

今回ご紹介した漢字はどれも知っているのに漢字になると難しいものばかりでしたね!読めなかった漢字があった人は、これをキッカケに読み方を覚えてみてくださいね♡役に立つことがきっとあるはずです!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事