「新走」=「しんそう」じゃないよ!読めそうで読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.3.09

日本語にはたくさんの難読漢字がありますが、その中には私たちもよく知るものの漢字もあります。今回はそんな読めそうなのに読めない漢字をご紹介していきますよ♡正しく読めるものがあるかチェックしてみてくださいね。

(1)「新走」

「新走」という漢字はなんて読むと思いますか?普通に読むと「しんそう」になりますが、しんそうではないんです。では、なんて読むのが正しいのでしょうか。「新走」という漢字は「あらばしり」と読みます。「新走」とは、その年の新米を使って作ったお酒のことを示しています。この言葉は聞いたことがある!なんて人もいるのではないでしょうか?

(2)「海豹」

「海豹」という漢字はなんて読むと思いますか?この漢字は、水族館などで見ることができるある動物を表していますよ。なんの漢字か分かりましたか?この「海豹」という漢字は「あざらし」と読みます♡「海豹」は小さい頃はもふもふとしていて、とってもかわいいですよね。体にヒョウのような模様があることから、「海の豹」となったんだとか。

(3)「針魚」

「針魚」はなんて読むか分かりますか?この漢字は「はりうお」ではありませんよ♡きっとみなさんも食べたことがある魚の名前です。この「針魚」という漢字は「さより」と読みます!口先が針のように尖っていることからこの漢字が当てられたんですよ!

(4)「水雲」

「水雲」という漢字はなんて読むと思いますか?「みずぐも」ではありませんよ。この「水雲」という漢字は「もずく」と読みますよ♪「水雲」は身近な食べ物として知られていますよね!酢漬けにされたもずくが好き!なんて人もいるのではないでしょうか。

知っているものも漢字になると難しい…!

今回紹介した漢字はほとんどが知っているものの名前でしたよね!そんな名前も漢字になると難しくて分かりません!読めなかったものはこれをキッカケにぜひ覚えてみてくださいね…!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事