難しい漢字水綿

「水綿」=「すいめん」じゃないよ!意外と読めない《難読漢字》

[記事公開日]2021.3.08

クイズ番組で出てくるような難読漢字は、普段使うことがほとんどありませんよね。しかし、意外と身近なのに読めない漢字もたくさんあります。今回はそんな意外と読めない漢字をご紹介していきますよ♡

(1)「水綿」

「水綿」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字は「みずめん」ではありませんよ!実はこれ、ある海藻の名前を表す漢字で、みなさんも一度は聞いたことがあるもの。この「水綿」という漢字は「アオミドロ」と読みます。どうですか?聞いたことはありましたよね。水槽などがおうちにある人は、きっと見たことがありますよ!

(2)「恰も」

「恰も」という漢字はなんて読むでしょうか。この言葉は、会話の中でもよく耳にするのではないでしょうか。「宛も」という漢字で表すこともできますよ。なんだか分かりましたか?「恰も」という漢字は「あたかも」と読みますよ!「恰も」とは「まるで」「ちょうど」「さながら」などという意味になっています。会話では無意識に使っていますが、漢字になると分かりませんね。

(3)「直隠し」

「直隠し」はなんて読むでしょうか。この言葉も会話や文書でよく見かけるものですよ!「ちょくかくし」ではありません。「直隠し」という漢字は「ひたかくし」と読みます。みなさんも会話で使ったことがありますよね!意味はひたすらに隠すことで、あまりいい意味では使われませんよね。

(4)「続柄」

「続柄」という漢字「ぞくがら」と読んでいませんか?この漢字は書類などを書くときに目にすることがありますが、イマイチ読み方がわかっていない人も多いのではないでしょうか。実はこれ「つづきがら」と読みます。読み方を間違えて覚えてしまっていた人は、これを機に正しい読み方を覚えちゃいましょうね!

意外と読めない漢字、覚えちゃおう♡

今回紹介した漢字は、意外と身近な言葉やものでしたね。どれも読めないと恥ずかしい思いをしてしまうので、読めるように頭に入れちゃいましょう!難読漢字はまだまだあるのでぜひ調べてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事