難しい漢字人鳥

「人鳥」=「じんちょう」…?読めそうで読めない難読漢字4選

[記事公開日]2021.3.08

難読漢字は普段使うことがないので、読めなくても大丈夫!なんて思いがち。でも、読めそうで読めない漢字はどうでしょうか…!普段よく使っている言葉も、漢字になると分からないかも!今回はそんな漢字をご紹介していきますよ♡

(1)「人鳥」

「人鳥」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字、実は水族館でよく見る生き物ですよ…!中には一番好き!なんて人もいるかも。一体何の生き物か分かりましたか?この「人鳥」という漢字、正解は「ぺんぎん」でした!「人鳥」という漢字になった由来は、立ち姿が人に似ていたことなんだとか。たしかに立って歩く姿は人のようですよね!水族館のアイドルも漢字になるとまったく分かりません!

(2)「胡座」

「胡座」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字が表す言葉は、実はあなたもしたことがある体勢です!「胡座」という漢字は「あぐら」と読みますよ!「安座」と表現されることもありますよ。実はこの「胡座」という漢字、もともとは「ござ」と読まれ異民族が座る椅子のことを指していました。これが段々と変化していき「あぐら」のことを指すようになったと言われていますよ!

(3)「美人局」

「美人局」という漢字、なんて読むか分かりますか?「びじんきょく」ではありません。この言葉は、ニュースなどで聞いたことがあるかもしれませんよ!「美人局」という漢字は「つつもたせ」と読みます。なんとなく聞いたことがありませんか?これは男女が共謀して行う詐欺のことを指しています。

(4)「四方山」

「四方山」はなんて読むと思いますか?「しほうさん」ではありませんよ!「四方山」という漢字は「よもやま」と読みます。「四方山」とは「世間のさまざまなこと」などを意味していますよ。実は「四方山」と書いて、「しほうざん」と読む山が存在しています!この山以外を示す場合は「よもやま」と読むので覚えておきましょう♪

いくつ正しく読めた?

今回紹介した難読漢字、いくつ読むことができましたか?どれも難しいものばかりでしたが、身近でよく知っているものもありましたよね!読めなかったものはぜひ覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事